スマートフォン版はこちら
専攻科 介護福祉専攻

専攻科 介護福祉専攻トップページ

テクニックだけでなくスピリチュアルなかかわりができる専門家の養成をめざしています。 介護福祉専攻(1年制) 入学資格:保育士資格取得及び取得見込みの者

専攻科 介護福祉専攻の特徴

[写真]

 保育士資格を持っている者は、1年間の学修で介護福祉士の資格と社会福祉主事の任用資格が取得できます。講義や実習を通して、高齢者や障がい者の専門的な支援に関する学修をします。
 介護福祉専攻は大学の中に設置されており、大学教育のノウハウを生かした少人数制の教育をしています。学内における講義だけでなく、学外での多彩な研修プログラムで多くの人と触れ合いながら介護を見つめています。
 介護人材が求められる現代、更なる資格取得で一歩踏み出してみませんか。社会経験のある方も交えてのバラエティーに富んだクラスの中で自分らしさを発揮しつつ、
共に学び、支え合いながら育ちあっていきます。

 

「社会福祉士および介護福祉法」が一部改正され、介護福祉士資格取得に関する制度の変更が行なわれます(2016年3月現在)。

  1. 2017年度の修了者より、国家試験の受験資格が付与されます。
  2. 2022年度以降の修了者は、国家試験が義務化されます。

    ※2017年度~2021年度の修了者の措置
     修了後5年間は暫定的に介護福祉士資格を付与。
     修了後、継続して介護の職に就いていれば、5年経過後に国家資格が与えられます。

資格取得に関する一部改正を受け、本学では、介護福祉士資格取得に関して次のとおり
対応していきます。

本学では修了時に国家試験を受験し、
合格できるよう指導します。

【取得できる免許・資格】介護福祉士・社会福祉主事(任用資格)

充実の施設

 実践的な介護実習を行うため充実の施設(介護用ベッド・入浴介護浴槽・車椅子など)を完備しています。また、在宅介護の技術も習得するための畳式の和室も完備しています。

  • 写真
  • 写真
  • 写真