ブログページ

第7回 あかちゃん広場ご報告

あかちゃんクラブ
あかちゃんクラブ

9月27日(火)に第7回「あかちゃん広場」を 開催し、
1時間半をめいっぱい楽しみました。

9月に入ってずっとすっきりしないお天気が続いて
いましたが、あかちゃん広場はいつも爽やかな
晴々した笑顔がいっぱいです。

今回は、ボールプールを出す予定ではなかったのですが「今日はボールプール、ないね。残念だね。」と話していらっしゃる声を聞き、急遽、準備して部屋の中央に設置しました。この「あかちゃん広場」は、できる限り、子どもたちの希望が叶う場でありたいと思います。

白い机の上に置いた木の玩具は、それぞれの色が引き立っていて、一段と魅力的でした。子どもたちはいつもより集中して遊んでいたようです。玩具の置き方・置く場所は、遊び方にも影響を与えます。

わたしたちは「環境がわたしたちの心に働きかける力はとても強い」ということを念頭に置いて、子どもの行動を予測しながら、安全・安心を第一に、参加される方々の一人ひとりが楽しい時間を過ごせるよう、空間をデザインしています。

第7回あかちゃん広場報告

第6回 あかちゃん広場のご報告

あかちゃんクラブ
あかちゃんクラブ

9月13日(火)に後期 最初の「あかちゃん広場」を開催しました。
初めての夏、あるいは、2回目の夏を経験した子どもたちは、
心も身体もぐーんと大きくなっていてビックリ。およそ2か月
ぶりのこの空間に戸惑うことなく、元気いっぱいに1時間半を
楽しみました。

今回の目玉は、ボールプール。前回、スズランテープで作ったポンポンを「水」に見立てましたが、今回はボールを使いました。たくさんのボール一つひとつを点検しながら、心を込めて消毒し、皆さんの笑顔を思い描いて期待を高め、準備に勤しみました。

2歳まではお友達と関わって遊ぶことの難しい「並行遊び」の時期だと言われますが、お友達が笑っていたら一緒に笑い、泣いていたら心配そうに見つめます。お友達のしていることに触発されて遊びのヒントを得ることも少なくありません。

強制も強要もされない自由な空間で、思い思いのことをして認め合うことを「ふつう」として育ったらきっとお互いの存在を喜び合う人になるのでしょうね。

 

 

第6回あかちゃん広場報告

 

1 / 3123
このページの先頭へ