STAFF BLOG
[イメージ]

カテゴリー:★校内美化 の記事一覧

ブルーベリー(ミスティ)のつぼみが膨らんでいます‼ 2019/1/18

カテゴリー:歩み

寒~い日が続いていますね(^o^;)

しかし♪ その寒さにも負けず、南側玄関付近のチャレンジ苗たちは頑張ってくれています😊✨

今回は、その中でも初めての果実💓「ブルーベリー」を紹介します。

調べたところ、このミスティと呼ばれているサザンハイブッシュ系品種のブルーベリーは無農薬でも強く、果樹栽培の入門品種なのだそうですっ♪

しかし、このミスティというブルーベリーは、異常に早くから熟すこともあり、ちょっと「気まぐれ」な感じもするそうなんです😊✨

道理で、見るたびに成長がグングン進んで寒さにも強くたくましい❗

さらにブルーベリーにも「気まぐれ」の性格があることを知って、なんだか「人間っぽいなぁ(笑)💓」って親近感をおぼえましたよ😊✨

私の楽しみの「種」がもうひとつ。
ブルーベリーのお花を私は生まれてから一度も見たことがありません😊✨

今、膨らんできた、このつぼみが咲いたら…どんなに可愛らしいお花なんだろう…(^o^)v

あ~ワクワクが止まらなくてごめんなさいっ!(笑)💓

でも、この思いって花のお世話の醍醐味のような気がします😊✨

成長を待ち望み、見守り、お世話をする。そんな体験をこれからも園芸ボランティアを通してコツコツと続けていきます♪(Y)

年越しヒマワリ💛 2019/1/16

カテゴリー:ヒマワリ

中庭花壇のヒマワリたちが元気です(^o^)/

ラスト・ヒマワリとして定植したのが10/28、開花が12/15頃ですので、何と1ヵ月以上も咲き続けていることになります(@_@)

この寒さだから、開花したまま冬眠しているかのようですね(笑)

今、「冬のヒマワリ」でネット検索してますが、結構出てきますよ。
うん? 歌や小説の題名にもなってる!(笑)意味深ですね。

こういった遊び心を与えてくれる植物たちに感謝です(^o^)/(K)

春の準備も2ヶ月経ちました! 2019/1/16

カテゴリー:歩み

寒い中、ゆっくりですが確実に成長する草花たち。
2ヶ月前の写真と比べてみてください!

 

 

こういう環境が近くにあることが何とも贅沢ですね~(^^♪

だって、人以外の生物が身近にいないと、私たちって、一日中、人間のことばかり気にしてるような、そんな窮屈な感じで、余計なことに気を使い過ぎて、心にゆとりが無くなりそう(^_^;)

心と文化と創造の世界から遠ざからないよう、花壇に関心を持ちましょう!
大げさでした(笑)(K)

楽しみ~★ワイルドフラワー 2019/1/16

カテゴリー:ワイルドフラワー

2019年が始まって、あっという間に2週間が過ぎましたね~(笑)

昨日、花壇を潤す程の雨が久しぶりに降りました(^^♪
そのせいか、今朝、中庭花壇のワイルド君たちがキラキラ輝いて見えました

アクシデントに見舞われた南門花壇のワイルド君たちと比較はできませんが、こんな寒い中にあっても、いい調子で育っているようです。

これから一体どんな花が飛び出すのか、本当に楽しみです(^o^)/(K)

2019年が始まりました(^J^) ② 2019/1/1

カテゴリー:歩み

近くに来たので学校に立ち寄ってみました。
静かで穏やかな元日です。植物たちは冷気の中、凜とたたずんでいました。

2週間も前に開花したヒマワリも、この通り、時間が止まったかのように咲き続けています。

こんな寒さの中で咲かせてしまい、かわいそうなことをしたと、少々悔やんでいますが、当人はどんな気分なのでしょうか。

 

他の花たちも元気そうです。こんな寒さの中でも、少しずつですが確実に成長しています。

毎日の積み重ねの大切さを教えてくれる花たちに、今年も一年、よろしくお願いしますと声をかけておけばよかったと、書いている今になって反省しています。

私の成長にも、まだまだ時間がかかりそうです。(K)

2019年が始まりました(^J^) ① 2019/1/1

カテゴリー:歩み

日中は穏やかに晴れて、日光がとても暖かく感じられた元日。

皆さん、明けましておめでとうございます!

今年最初の記事は、自転車散歩している最中に見つけた風景。ビッグサイズでどうぞ(笑)
カメの甲羅干しですよ。気持ち良さそ~。
こんなにたくさん並んでいると、冷気で固まった顔も自然とほころんできます(^^♪

カメ君たち、体温を上げて元気になるんだね。調べてみると、日光を浴びて寄生虫なんかを退治したり、私たちと同じで、ビタミンDを体内で合成したりもするそうですよ。

皆さん、外は寒いけど、元気に日光を浴びて骨を鍛えましょう!
暖かい縁側で日向ぼっこという手もありますが(^_^; (K)

名古屋で初積雪{{ (>_<) }} 2018/12/29

カテゴリー:歩み


「Yahoo! JAPAN 雨雲レーダー」より

報道によると今季の初雪は昨日だったそうで、雪が10分程度市内に舞ったとのこと。

若狭湾から名古屋の方角に向かって雪雲が流れ込む様子が雨雲レーダーからよく分かります。

名古屋の北西には高い山が少ないので、湿った冷たい空気がそのままの状態で濃尾平野に流れ込むんですね。だから名古屋の冬は厳しいのです。夏も暑いし、ほんとうに忍耐のいる場所ですわ(笑)

さて、積雪と言っても5cm程度だったため、昼過ぎには消えてなくなりました。

中庭花壇の植物達はご覧の通り、何事もなかったかのように元気です。ここは冬場、日光が校舎にさえぎられて届きませんが、毎年、春になると美しい花々がたくさん咲いてくれます。

今回はワイルドフラワー(緑のじゅうたんのように見える部分)が加わっているので、一体どんな風景になるのか、本当に楽しみです(^o^)/ (K)

ワイルドフラワーのお手入れ 2018/12/27

カテゴリー:ワイルドフラワー

「ワイルド」だからといって放って置くのもかわいそうだから、枯れたシナワスレナグサ(上の写真:茶色の部分)を取り除きました。「ひっつきむし」が一杯で手こずりましたが、下のように何だかスッキリした感じになりましたよ(^^♪

ノースポールの苗が余っていたので、土が露出した部分に、ついでに植えておきました(直上の写真:右端の白い花)。

新入りです!
ワイルドフラワーの皆さん、よろしくお願いします(^o^)/(K)

お花畑がヘンシ~ン? 2018/12/14

カテゴリー:歩み 歩み

入試広報課さんと業者さんとが一生懸命考えて、カフェ棟と花壇を電飾してくれましたよ(^^♪

キラッキラのLED キレイですね~。

お隣の名古屋聖マタイ教会を飾る電飾クリスマスツリーと仲良く、この地域の皆さんにクリスマスの喜びをお知らせするチャンスになりますね。

一方、お花たちはビックリ仰天で、きっと「アンタたち誰~?」って感じでしょうね(笑)
ひょっとすると嫉妬して「そのイルミ、派手すぎ~」と思っているかも(^_^;

ハイテクはすばらしい!!!と称えながらも、柳城は生き物の命や心を地味に(笑)考えるところ。
そういう姿勢が自然と相手に伝わる。そして、そういう仲間が集まる、広がる。

イエス・キリストの誕生をお祝いするクリスマスの意味を、深~く考える良い機会になりました。
感謝です(^o^)/ (K)

学内の干し柿が食べ頃に😊✨💓 2018/12/13(記事400本目 記念)

カテゴリー:歩み

「学内で採れた渋柿を干し柿に!」

そのミッションを始めて約一ヶ月
冬の太陽からいっぱい恵みをもらった干し柿が、ついに満を持して登場です~っ😊✨‼

「食べ頃」までには、清潔を保つためにアルコール消毒をしたり、お天気レーダーを頼りに干し位置を調整したり…と♪愛情のたっぷりつまった干し柿です💓

見た目はあまりよくないけれど、
ほらっ♪割ってみると~っ💓
こんな感じに‼ 秋の恵みがとろ~りと濃厚に色づいていましたよ😊✨

そして、その甘さにはビックリ!
ひと言っ、美味しい~~~~っ!!!\(^o^)/

その中でも種の回りのゼラチン部分は格別に甘さが濃厚で、至福の美味しさでした(涙)~~~!!

私は保育本科で食育基本法を調べ、学びました。
そこには自然の恩恵を感じ、収穫し、自身の手で作り学ぶ「心の教育」が未来の子どもたちに必要であると掲げられていました…。と同時に、教育の中で食育に向けての様々な取り組み事例も知りました。

これはまさしく、フレーベルなどが提唱していた労作教育(※)そのものですね😊✨!

今回私は総務課園芸ボランティアをとおして、押し花とはまた異なる労作活動を体験することが出来ました😊✨

押し花は美的感性や創造性が満たされる喜びがあります。
そして干し柿では、土の匂い、手のぬくもり、「人間らしい充足感」が満たされました。

自分の手で作った干し柿の美味しさは、うれしくてうれしくて…
「この喜びを分かち合いたい。」
「そうか!😊✨人ってそう思うんだ…、面白いな!
そんな風に感じました。

出来上がりはもちろん、チャプレンにもおすそ分けです♪ (理由はこちらで)

保育の柳城らしく、フレーベル折り紙の柿を添えて…😊✨ (Y)

(※)19世紀の書物中心の観念的な教育に対し、能動的な生産作業体験を重んじ、とくに手工的活動を通して子供の知識と道徳性の統一的発達を目ざそうとする教育をいう。労作教育の思想は、子供の自己活動を重視したルソー、ペスタロッチ、フレーベルに源流をもつ。ペスタロッチやフレーベルは、とくに手工的制作活動を通じて労作の喜びを子供に体験させ、それによって子供の活動的・全人的発達を目ざした。【日本大百科全書(小学館)より抜粋】

干し柿 順調! 2018/12/11

カテゴリー:歩み

「干し柿にカビが生えているよ!」

そんな声に心配した学生ボラさんが、わざわざスプレーボトルを買って来て、焼酎ミストを干し柿にかけてくれました。

その愛情たっぷりな丁寧さに、ホント、脱帽です(^J^) 

その甲斐あってか、何だか良い調子~(^^♪

日の当たる南玄関で、今日も干し柿は熟成を続けています。
ここをよく通る業者さんたちは、きっと微笑ましい感じで見てくれているでしょうね(^.^)

だって、これは日本の食文化ですし、干し柿大好きな人はたくさんいる!!
それに保育の現場でも役立つ労作教育(※)ですからね~。

子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かぶ~(^.^)

総務課園芸ボラでもいいけど、そのうち、どこかのゼミでも作っていただけることでしょう! 知的で楽しい柳城になるぞ~お(^o^)/ (K) 

(※)19世紀の書物中心の観念的な教育に対し、能動的な生産作業体験を重んじ、とくに手工的活動を通して子供の知識と道徳性の統一的発達を目ざそうとする教育をいう。労作教育の思想は、子供の自己活動を重視したルソー、ペスタロッチ、フレーベルに源流をもつ。ペスタロッチやフレーベルは、とくに手工的制作活動を通じて労作の喜びを子供に体験させ、それによって子供の活動的・全人的発達を目ざした。【日本大百科全書(小学館)より抜粋】

冬のコスモス 2018/12/11

カテゴリー:歩み

南玄関のワイルドフラワー群にピンク色のコスモスを見つけました。

ひと目見たとき思わず「まだ咲いてくれてたんだねっ…ありがとう‼(涙)」と言葉が出た私です。

寒空の中、咲いているその姿は謙虚ながら存在感があり、ワイルドフラワー群の中でも、ひと際、凛としてブレがない様子です😊✨

調べてみますと…、
コスモスの名の語源はギリシャ語「コスモ(cosmo)」で、宇宙の秩序を意味し、またコスモスは「宇宙を秩序ある調和のとれたシステムとみなすこと」と知りました😊✨

なるほど…! ある意味「カオス」(笑)であるワイルドフラワー群の中にあって、強いながらも可憐な姿で個性を鮮明に輝かせています。

でも! 全体の調和は保たれています
その名のとおり、存在感があるはずですね~😊✨

今年の冬、柳城の花壇には夏のヒマワリと秋のコスモスが彩を添えてくれています💓
数は少ないけれど、癒されます😊✨

この感性…?
子どもたちは、大好きですよね😊✨ (Y)

衝動買い 2018/12/10

カテゴリー:歩み

こんな買い方、滅多にしない私ですが、今日ばかりは…。

中庭に植えたパンジー1株がネキリムシの被害に遭ったので、同じ苗を1株だけ求めて学校近くの園芸店に行ったのですが、1株75円だけ払うのも何だか寂しいし、それに、きれいな花々がたくさん並んでるし~(*^_^*)

結局、園芸魂に火がついて(笑)、「これもあれも下さい!」と3株余分に衝動買い(店員さんも結構、押しが強かったな~)。

あ~あ。またプランターが増える~。
水管理が大変だから、増やしたくなかったのですが、何とも・・・。

でも、ボラの学生さんが大喜びしてくれたから、「まっ、いいか」。
それで、さっそくテキパキ植えちゃいました。

写真手前はブルーベリー、ピンクはリナリア(ヒメキンギョソウ)、イエローはユリオプスデージー。

みんな、かわいいね!

今まで扱ったことのない植物ばかりなので、とりあえず、大きなプランターに移し替えて、春まで様子を見ます(^o^)/(K)

フォトコンテスト結果 2018/12/5

カテゴリー:ヒマワリ 歩み

総務課園芸ボラ主催のフォトコンテストの結果発表です。

ボラの学生さんのアイディアから始まったこのイべント。応募総数は少なかったですが、こういった企画が難なくこなせたことが、先ずは嬉しいですね(^^♪  応募してくれた学生さんに心から感謝です!!

柳城での生活が文化的に潤っていけば、応募数も自然に増えるんじゃないかなって勝手に想像します。だから、これからも色々な企画にチャレンジしよっかな~。

学校のチカラって、実はそんなところにもあるような気がしますから…。(K)

12月のヒマワリ(@_@) 2018/12/4

カテゴリー:ヒマワリ

「2週間の実習期間が終わって、学校に戻ってみたらヒマワリがまだ咲いていた~(@_@)」

という学生さんの反応を期待して(笑)ここまで大切に育ててきたヒマワリたちが、この通り、カフェ棟に沿ってキレイに列を作って咲いていますよ(^^♪ 

ガラスに貼られたクリスマス用の雪の結晶と一緒に、今の柳城の大切な風景の一つになっているかな?

寒さのせいでしょうか、花弁の開き方が今一つパッとしませんが、それが逆に、ヒマワリの一生懸命さを伝えているような気がします。

ほとんどの葉にうどん粉をまぶしたような跡があり、これはきっと「うどんこ病」でしょうね。かわいそうですが、そのままにしておく他ありません。開花を控えている中庭花壇のヒマワリはもっとひどくて、こんな状態です(>_<) それでも蕾が日増しに大きくなっています!

頑張れ、ヒマワリ君!(^o^)/

干し柿、追加~(^^♪ 2018/11/30

カテゴリー:歩み

10個では何だか寂しい~。
それに、うまく作れそうな自信もあったので、学校近くの八百屋さんへ、ダメ元で突撃(笑)

この店。通りから奥まっていて、年中日陰みたいだし、何だか悲しくなりそうな雰囲気。
「渋柿、あるわけないよね~」と思いつつ、勇気出して尋ねると
「あるよっ」と、カラッとした返事が返ってきて、超ハッピーな気分に(^^♪

それに、大玉渋柿がゴロゴロ並んでいて、この店のお母さん、只者ではない!(笑)
奥から、お父さんも出てきて、お二人の様子から、昔からの老舗だということが感じられました。

「毎年、渋柿欲しい人がいるから並べてるのよ~」
「干し柿は本当に甘くておいしいから。ウチでも毎年作ってるわ」
「枝のついていない大玉は、こうしてクシを刺してからヒモを通して吊るすんだ」

会話が弾む弾む~(笑)
その流れに任せて「ついでに、クシ、分けてくれる?」と頼んで、ちゃっかりゲットしてしまった私でした(^_^)/

そして翌日の今日、学生ボラさんに渋柿を全部任せて、私はドロン(笑)
「うまく作れそうな自信」とは、実はボラさんのことでしたっ!(笑)(^_^;)

そして見事に完成!
ほぼ倍の数になって、出来上がりが本当に楽しみです(^^♪

保育系大学で干し柿作り体験をしている気さくな所と、思いっきり仲良くなりたい気分です。学校の更なる成長を目指して (^o^)/(K)

初⁈ 干し柿作りミッション〜☆体験記(その2) 2018/11/20

カテゴリー:歩み

さて…(その1)に引き続き~😊✨

私は今回、生まれて初めての「干し柿作り」でした!
まずは情報を得ようと、スマホとにらめっこ?
楽しく学んで、いよいよスタートですよ~😊✨

皮をむきます。その際に渋柿の白い汁が出てきました。見るからに「渋そうっ」です(笑)  その渋皮をむいて軒先などに干すことで、渋みの原因タンニンが水分とともに無くなって甘~い柿に変身するそうです。

二つを一個にして吊るすためのビニール紐を柿の軸(結果枝)に結びます。

熱湯に5~15秒ほど入れて消毒します。

くっつかないよう離して柿を干します。

これで柿の準備は完成です\(^-^)/
次は…大切な柿を干す環境です😊✨

日当たりの良い場所の確保と雨の日対策、そして甘くなった頃を狙うカラス君への対策が必要だと分かりました。

場所を考えた末、4号館2階のベランダで干すことにしました。

そこはチャプレンの部屋でして、ちょうど私たちの姿を目にした彼が、朝室内から出して帰宅時にはしまってくださるとのことです😊✨ ここには屋根が付いていないので本当に助かります!

さて、今回の干し柿作りミッション。自然物を加工する作業を通して、私の勉強している幼児教育が「机上の空論」に陥らないための良い刺激となりました。

実は、あの幼児教育の祖フレーベルは、労作や生産活動は人間の本性であり神に近づく道であると考えていました。小さな体験ではありましたが、そのフレーベルが子どもたちを室内活動から外へ連れ出して労作へと導いた意味を、私は今回少しだけ感じることが出来たのです。そして、自然に触れて自己教育するための「庭」の重要性を考える機会ともなりました。

ありがとうございました!

甘い柿になった暁には、チャプレンにもおすそ分けです
楽しい収穫のお祝いが待っています!(笑)

初⁈ 干し柿作りミッション〜☆(その1) 2018/11/20

カテゴリー:歩み

今日はポカポカと風もなく、あたたかい1日。

本科学生が実習中のため、いつもより静かな学内で、ちょっぴりボンヤリしていたら…(笑)

「柿の木に実がなってるよ! カラスに少し突つかれてるのもあるよー!」と教えていただきました‼(汗)

学内の南側に駆けつけると、そこには写真のように😊✨色鮮やかな小さな柿の木が一本ありました!

数えてみると実の数は10個ほど?
確認後、早速「干し柿作りミッション」のための準備が始まりました!

まずは…柿の木に登り、柿をゲットしました😊✨
スルスルと木に登り、次々に柿が落とされるので(笑)布で受け止める私は必死っ!(笑)

その姿に感化され…私も久しぶりに木登りをしてみました!

すると不思議ですねっ
体って幼い頃体験したことを覚えているんです(笑)

スルスルとおサルさんのように(笑)手足が動いて、ちゃんと登れました😊✨‼

(その2)に続きます。

夏越えしたスイートアリッサム 2018/11/19

カテゴリー:スイートアリッサム

本来、多年草ですが、高温多湿に弱いので日本では一年草扱いです。

実は、昨年の秋に植えたスイートアリッサムが、今年の過酷な夏を見事に乗り切ってくれています(*^_^*)

半日日陰になる場所に置いたのがよかったのでしょうか。

夏中は葉だけを茂らせてじっとしていたこの子たちが、今、ほのかに香りを放ちながら気持ちよく咲き誇っています 目立ちませんが、その粘り強さに感動(^_^)/

嬉しいですね!(K)

ワイルドフラワーの今 2018/11/19

カテゴリー:スイートアリッサム ワイルドフラワー

11月も半ばを過ぎて、だんだんと朝夕の寒さが身にしみる頃となってきました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか(笑)

日当たりの良いワイルドフラワーの花壇は、今、こんな感じです。
この中でひときわ目を引くのがスイートアリッサム。

2,3メートル先から、ほんのりとした甘い香りが漂ってきます。まさに「スイート」。

秋に柳城の花壇にも苗が植えられていますが、こんなに大きく成長したのを見るのは初めてです(@_@;) 種から育てた方がうまくいのでしょうか?

このワイルド君たちは、中庭でのデビューに向けて、現在、勢いよく成長中です。

色々な花が咲き、そこに昆虫が集まる。そんな花壇で、柳城が育んできた保育の心を皆さんに感じ取っていただければ嬉しいです(^o^)/ (K)


ページ
トップへ