教学上の三つの方針

本文まで移動する

教学上の三つの方針

名古屋柳城短期大学は、2011年度に、大学全体の教学上の「三つの方針」を定めました。
これは本学が、学生にどのような学修成果を期待しているのか(「学位授与の方針」)、学修成果をもたらすためにどのような教育課程を編成するのか(「教育課程編成・実施の方針」)、そしてそのような教育活動を行う本学がどのような学生を求めているのか(「入学者に関する受入方針」)ということを明示するもので、本学の役割を皆さまにより一層知っていただくことができるものと考えております。以下それぞれの方針をご紹介します。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

【保育科】

 本科(2年課程)では、「建学の精神」を基本にすえたキリスト教主義の教育理念・教育目標にもとづいて、人間として、また社会人として必要な倫理観と教養を身につけ、幼児教育・保育に関する幅広い知識・技能を修得し、総合的かつ的確な判断力や実践的専門能力を有する幼稚園教諭(2種免許)ならびに保育士の養成を目指す。所定の授業科目を履修し、以下の教養と知識・技能を修得した者には、「短期大学士(保育学)」を授与する。

  1. 豊かな倫理観(道徳的価値観)や人間性(人間的感性や人格)、 コミュニケーション能力(自他認識能力や言語等による表現力)を有し、乳幼児の生命を守る、幼稚園教諭・保育士として責任ある行動ができる、その基盤となる教養
  2. 社会や保護者のニーズに対応できる幼児教育・保育に関する専門知識(科学的理解力)
  3. 多様化・高度化する21世紀の社会状況に対応できる幼児教育・保育の専門家としての技能(実践的問題発見・解決能力)
  4. 生涯にわたって幼児教育・保育への関心と学習意欲を持続し、幼児教育・保育の発展に貢献しようとする意欲・態度(キャリア形成力)

【専攻科保育専攻】

 本専攻(2年課程)では、「建学の精神」を基本にすえたキリスト教主義の教育理念・教育目標にもとづいて、短期大学等での学修を基礎として、人間として、また社会人として求められる倫理観や教養を身につけ、幼児教育に関する高度な専門能力や実践能力を有するすぐれた保育者の養成を目指す。

 以下の教養と知識・技能を修得した者は、大学改革支援・学位授与機構の審査にもとづいて四年制大学の学位に相当する「学士(教育学)」の学位を取得することができる。また、幼稚園教諭1種免許を取得することができる。本専攻では、すべての本専攻の学生が同学位及び同免許を取得できるように厳格かつ緻密な指導を行う。

  1. 豊かな倫理観(道徳的価値観)や人間性(人間的感性や人格)をいっそう深め、より高いコミュニケーション能力(自他認識能力や言語等による表現力)を有し、乳幼児の生命を守る、幼稚園教諭としてより十分に責任ある行動ができる、その基盤となる教養
  2. 社会や保護者のニーズに対応できる幼児教育・保育に関する高度な専門知識(科学的研究・応用能力)
  3. 多様化・高度化する21世紀の社会状況に対応できる幼児教育・保育の専門家としての高度な技能(実践的問題発見・解決能力)
  4. 生涯にわたって幼児教育・保育への関心・情熱と学習意欲を持続し、幼児教育・保育の発展に積極的に貢献しようとする意欲・態度(キャリア形成力)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

【保育科】

 本科では、「建学の精神」にもとづくキリスト教主義の教育理念・目標に従ってすぐれた保育者(幼稚園2種免許教諭ならびに保育士)を養成するために、豊かな倫理観や人間性を培い、幼児教育・保育に関する専門的知識・技能を育て、21世紀社会の動向(とくに幼児教育・保育をめぐる問題点や課題)を的確にとらえ、課題解決に適切に対処するとともに、生涯にわたって学習・実践への意欲を持続できるように、そのために必要な教育課程を編成している。

 本科の教育課程は、教養科目と専門科目から構成されている。いずれも固有の特色を有するものであることは言うまでもない。しかし、それぞれの科目はつながりをもって働きあうことも軽視されてはならない。しかし、それぞれの科目はつながりをもって働きあうことも軽視されてはならない。教養科目が専門的知識・技能を補い、専門科目が教養を高めるうえで有益・有効であり、また教養科目内の科目が相互に関連しあい教養をいっそう深め、専門科目内の科目が結びつくことによって個別の専門的知識・技能をさらに強化することもけっして稀ではないからである。また、本科では実習など実践現場での体験的学習のみならず、すべての科目をとおして職業的資質能力の育成を中心とするキャリア形成のための教育指導を行う。教育課程の主要な構成、教育形態、及びその評価は以下のとおりである。

1.教育課程の構成
(1)教養科目
  1. 人間性や社会性を中心とする教養に関する科目群(「キリスト教概論」、「宗教学(聖書と人間)」、「日本国憲法」、「倫理学(生きることの意味)」等)
  2. 学習・研究のための言語・情報系科目群(「英語コミュニケーション」、「情報機器の操作等)
  3. 保健体育系科目群(「生涯体育論」、「スポーツとエクササイズ」)
(2)専門科目
  1. 子どもの心身の発達過程に関する科目群(「心理学」系、「保健」系、「栄養」系の科目)。
  2. 保育内容の指導のあり方に関する科目群(「保育内容指導法」系の科目)
  3. 保育の技術や技能に関する科目群(「音楽」、「図画工作」、「体育」等)
  4. 福祉の意義や課題に関する科目群(「社会福祉」、「子ども家庭福祉」、「特別支援教育」等)
  5. 人間教育のあり方に関する科目群(「教育原理」、「教育と社会」、「教育方法・技術」等)
  6. 教育相談・カウンセリングに関する科目群(「幼児理解と教育相談」等)
  7. 科目の枠を超えた横断的な課題、学習者の関心にもとづく課題についての問題解決学習的な科目群(「教職実践演習」)
  8. 保育の実践に関する科目群(「教育実習」、「保育実習」等)
2.教育形態とその特色

 主要な教育形態は、①講義、②演習、③実習の3種類から構成されている。講義は教養科目及び一部の専門科目であり、多くは演習及び実習である。「保育基礎演習」では、保育者となるための動機づけと意欲を喚起し、主体的な授業参加を促している。そのほかの多くの演習では、理論と実践を結合し、問題解決的で能動的な学習能力と実践力の育成を目指し、実習では、幼稚園・保育所で保育実践・体験的学習に取り組むことによって自発的な学習能力と実践力の育成をはかっている。いずれも予めシラバスにおいて、学習目標、目標達成のための授業の計画・方法、成績評価基準等について明示している(『学生便覧』)。さらに本科では、附属幼稚園と連携し園長・教諭を講師として招へいし、また多人数の演習ではTAを活用するなど、より丁寧な実践的指導ができるように配慮している。

3.教育課程の評価

 教育課程の成否を決定する大きな要因はその評価のあり方である。本科では、主に教務委員会やFDの取組において、教育評価をPDCAマネジメント・サイクル(教育課程の計画、実施、点検・評価)の一環として位置づけ、保育専門職として必要な専門性と学生の学習能力の発達過程・段階を十分に勘案しつつ、学習達成目標や成績評価基準を厳格に設定し、そうした目標の達成状況などの自己点検・評価の結果を次年度以降の教育課程の改善・見直し、さらには教育計画の改革に反映している。なお、教育課程の点検・評価の結果は、その概要を学内外に公表している(『名古屋柳城短期大学の現状と課題』)。

【専攻科保育専攻】

 本専攻では、「建学の精神」にもとづく教育理念・目標に従って、より豊かな倫理観と人間性、及びより高度な専門性を有し、かつ生涯にわたって学習・実践意欲を持続しつつ幼児教育・保育界に大いに貢献できる保育者(幼稚園免許教諭1種免許)を養成するために、以下の教育課程を編成している。

1.教育課程の構成

本専攻の教育課程の主要な構成は以下のとおりである。

  1. 教育の思想・哲学に関する科目群(「キリスト教保育思想特論」、「教育哲学研究」等)
  2. 教育の内容・方法に関する科目群(「造形教育法研究」、「音楽研究」、「体育研究」、「教育方法・技術研究」等)
  3. 幼児の心理学に関する科目群(「発達心理学研究」、「乳幼児心理学研究」、「教育心理学研究」等)
  4. 特別演習(幼児教育の理論と実践の統一)
2.教育形態とその特色

 授業の多くは保育にかかわる諸科学の理論を教授する講義であるが、そのほかに理論と実践を結びつけ、問題解決的な学習能力を深める演習を重視している。また、卒業研究のための修了論文指導では、指導教員による個別指導のほか、研究発表会において全教員参加のもとで集団的な指導を行っている。
 なお、講義・演習・実習のいずれも、予めシラバスにおいて学習目標、目標達成のための授業の計画・方法、成績評価基準等について詳述しており、シラバスは学生が受講する上での重要な学習案内の役割を果たしている(『学生便覧』)。

3.教育課程の評価

 教育課程の評価については、専攻科保育専攻会議及びFDの取組において、PDCAマネジメントの一環として位置づけ、学習達成目標や成績評価基準を明確に設定し、教育課程の実施過程と学習目標の達成状況について分析・検討し、教育課程の成果と問題点を明らかにしている。こうした点検・評価の結果を学内外に公表するとともに、次年度以降の教育課程の改善に活かしている(『名古屋柳城短期大学の現状と課題』)。

入学者に関する受入方針(アドミッション・ポリシー)

○本学の入学者に関する受入方針

教育理念及び教育目標に基づき、本学では以下のような学生を求める。

建学の精神「愛をもって仕えよ」と、それに即した教育目標を理解し、専門的な知識と高度な技術の修得に自ら努めようとする人

人間に対する深い理解と豊かな人間性を身につけ、人とのつながりを大切にしようとする人

他者への思いやりを持ち、社会や環境に貢献しようと努力する人

【保育科】

○本学の入学者に関する受入方針

幼稚園教諭・保育士としての将来の目的意識をはっきりと持っている人

子どもの成長・発達に関わる専門的な知識・高度な技術を身につけようと努力する人

明朗快活でコミュニケーション能力と協調性に富み、子どもたちから慕われ魅力ある人

乳幼児の生命を守る責任ある行動ができる、幼稚園教諭・保育士をめざし、保育・幼児教育に貢献しようと努力する人

高等学校等の学習を通して基礎学力を身につけており、かつ、正確できれいな日本語を書いたり話したりすることを常に心がけている人

○試験区分別の入学者受入方針
AO選抜A入試

 AO選抜A入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をち、保育者の素養を備える人を求めます。特に入学後、学生活動委員会に属し本学での行やイベントなどにおいて、全学生のリーダー的存在となり、高い専門性を身につける意志と可能性をもつ人を求めるため、一定の要件を満たした者を対象に、書類審査(調査書、志望理由書他)、口頭試問によって選抜します。

AO選抜B入試(実技型)

 AO選抜B入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めます。高い専門性を身につける意志と可能性をもつ人を求めるため、特に音楽において優れた専門性を身に付けた者で一定の要件を満たした者を対象に、書類審査(調査書、志望理由書)及び実技、質疑応答によって選抜します。

学校推薦型選抜推薦A入試

 推薦A入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、以下の内容で実施します。在籍する高等学校長の推薦を受けられる者を対象に、書類審査(調査書・推薦書・志望理由書)、口頭試問によって選抜します。

学校推薦型選抜指定校入試

 指定校推薦入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、これまで信頼関係を築いてきた高等学校に対し、アドミッション・ポリシーを示した上で、「建学の精神」を理解し、本科の求める学生像、指定した学習成績の状況に合致した者を在籍する高等学校長の推薦に基づき、書類審査(調査書・推薦書・志望理由書) 、口頭試問によって選抜します。

学校推薦型選抜キリスト教系高校推薦入試

 キリスト教系高校推薦入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、これまで信頼関係を築いてきたキリスト教系高校に対し、アドミッション・ポリシーを示した上で、「建学の精神」を理解し、本科の求める学生像、指定した学習成績の状況に合致した者を在籍する高等学校長の推薦に基づき、書類審査(調査書・推薦書・志望理由書) 、口頭試問によって選抜します。

学校推薦型選抜推薦B入試

 推薦B入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、以下の内容で実施します。在籍する高等学校長の推薦を受けられる者を対象に、書類審査(調査書・推薦書・志望理由書)、口頭試問によって選抜します。

総合型選抜同窓生推薦A入試

 同窓生推薦A入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、親または兄弟姉妹、祖母が本学の卒業生および在学生であるか、名古屋柳城女子大学の在学生で一定の要件(学習成績の状況等)を満たした者を対象に、書類審査(調査書・志望理由書)、口頭試問によって選抜します。

総合型選抜同窓生推薦B入試

 同窓生推薦B入試では、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、親または兄弟姉妹、祖母が本学の卒業生および在学生であるか、名古屋柳城女子大学の在学生で本科への進学を強く希望する者を対象に、書類審査(調査書・志望理由書)、口頭試問によって選抜します。

総合型選抜キリスト教会推薦入試

 キリスト教会推薦入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、日本聖公会を含む日本キリスト教協議会(NCC-J)加盟の教会またはカトリック中央協議会の信徒並びにその子弟で一定の要件(学習成績の状況等)を満たした者を対象に、書類審査(調査書等の提出書類、志望理由書)、口頭試問によって選抜します。

総合型選抜園長推薦入試

 園長推薦入試では、本科への進学を強く希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲のある人を求めます。保育の素養を備える人を求めるため、高校3年間で保育所や幼稚園、施設などの同一施設において7日以上、ボランティア活動を行ない、各施設の園長から推薦のあった者を対象に、書類審査(調査書・志望理由書)、口頭試問によって選抜します。

一般A入試[特別奨学生選抜試験]

 一般A入試では、本科への進学を希望し、建学の精神に理解を示し、本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、学力試験を実施し、高校までに身に付けた学力について、書類審査(調査書)、学力試験の成績によって選抜します。

一般選抜一般B入試

 一般B入試では、本科への進学を希望し、建学の精神に理解を示し、本科の教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、学力試験を実施し、高校までに身に付けた学力について、書類審査(調査書)、学力試験の成績によって選抜します。

社会人入試

 社会人入試では、社会における幅広い経験や見識を生かし、本科への進学を希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や本科での教育内容を修得できる基礎的学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学修意欲を有し、保育者を志す強い意思を持つ人を求めるため、本学が定める条件を満たした者を対象に、書類審査、調査書等の提出書類、小論文、面接により総合的に選抜します。

海外帰国生徒入試

 海外帰国生徒入試では、日本国外における幅広い経験や見識を生かし、本科への進学を希望し、建学の精神に理解を示し、主体性をもった行動とさまざまな人びとと協働して学ぶ姿勢や、本科での教育内容を修得できる一定の学力を有し、保育・幼児教育に対して強い関心と高い学習意欲をもち、保育者の素養を備える人を求めるため、日本国籍を有し、外国の学校教育を受けている者で、本学が示した要件を満たしている者を対象に書類審査(成績証明書等、志望理由書)、小論文、口頭試問で選抜します。