キャンパスライフ 柳城に関わるすべての人のHOMEです

施設紹介

小さなキャンパスですが、夢をかなえるための施設は充実しています

案内マップ

[図]
1号館
  • 1F:事務局(教務課・学生支援課・就職課・総務課)・保健室・11A〜11F研究室・ロッカー室
  • 2F:美術演習室・栄養学実験実習室・学生相談室・12B〜12E研究室・事務局(経理課)・学長室
  • 3F:131教室・132教室・133教室・マルチメディア自習室・13C〜13J研究室・専攻科自習室
  • 4F:141教室・142教室・143演習室(ピアノサポート室)
  • 5F:151教室(音楽教室)・ピアノ個室(501〜517)・15A・15B研究室
2号館
3号館
4号館
  • 1F:第2学生ラウンジ
  • 2F:421教室・42A研究室
  • 3F:431教室・43A〜43D研究室
5号館
  • 1F:第3学生ラウンジ
       事務局(入試広報課)
  • 2F:521教室・522教室
  • 3F:531教室・532教室
6号館
  • 1F:611演習室
  • 2F:621教室
  • 3F:631教室
7号館
  • 学生会室・クラブ室

図書館

[写真]

 保育、福祉、キリスト教に関する分野を中心に、専門書から絵本・紙芝居等の児童書まで、特色ある資料5万冊を所蔵しています。インターネットによるホームページ閲覧や、簡単な操作で蔵書を検索できるオンライン資料検索システムなど、ネットワーク時代にふさわしい設備も整っています。
 図書館のホームページも開設しており、さまざまな情報サービスを提供しています。午後7時まで開館しており、卒業生にも利用されています。

 

ラーニングコモンズ

[写真]

 新たに“ラーニング・コモンズ”が誕生!学生が自習やグループ学習で活用できる空間です。人やモノなどさまざまな交流を通して、学びの可能性を広げる場所です。

 

マルチメディア教室

[写真]

 保育の現場や子どもたちの生活の中にも、高度情報通信社会の影響が大きくなってきています。これからの保育者に求められるパソコン操作をはじめとした情報処理能力を育成するために、情報処理機器を完備したマルチメディア教室があります。ここでは、保護者向けのお便り作りや子どもの身体発育記録のデータ管理、インターネットを使っての保育に関するさまざまな調査・探索、さらに、パソコンならではの電子紙芝居作りなど、具体的な実践を通して学ぶことができるようにしています。

 

ピアノ室

[写真]

 ピアノのレッスン(授業)で使用するだけでなく、自主的に練習する学生のために、いつでも使用できるようになっています。
 ピアノ室はすべて個室になっているので、実力に合わせて思う存分練習できます。

 

ピアノサポート室

[写真]

 1号館4階に、1号館5階の「ピアノ個別レッスン室」とは別に電子ピアノ16台を設置した「ピアノサポート室」を用意しています。ピアノに触れる時間・練習する時間を作ってあげることで演奏能力の向上を図っています。
 柳城の授業はハードですが、それ以外の"やる気"も応援しています。

 

キッズルーム

[写真]

 地域に開かれた子育て支援の場として、0歳-1歳のお子さんと保護者の方々を対象とした「りゅうじょうすくすく広場」を開催しています。
 教員、専門スタッフの指導のもと学生も関わり保育実践力を高められる大切な学びの場となっています。

 

学生ラウンジ/中庭

[写真]

 学生たちが集い語らう憩いの場。時には、レポートや製作の自習の広場にもなります。
ピアノの音色にあわせて、皆が自然に歌い出したり、ダンスがはじまるなんて、まさに保育科ならではの光景です。
 ピアノが3台設置され、空き時間には、誰かがピアノを弾いています。

 

就職課

[写真]

 本校の「就職率100%」を支える就職相談室。就職担当の職員が、学生および卒業生一人ひとりの就職に対してきめ細かな指導をしています。
 豊富な情報量は就職の時だけでなく、実習の事前準備の時にも大活躍します。

 

学生食堂 キッチンはらぺこ

[写真]

 ついに柳城に学食ができました!!
 キッチンはらぺこという名前にした由来は、保育に関わる人なら誰もが知っている絵本「はらぺこあおむし」と、はらぺこなみんなのお腹を美味しいご飯で満足させてくれる食堂になって、みんなから親しみを持って呼ばれるような名前にしたい!という思いから考えつきました。
 学食の色々な所にいるキャラクターは、モデルになったあおむしがコック長になり、美味しい料理で柳城生をもてなして欲しい!という思いから誕生しました。