*
ブログページ

シェア14『明快な主張』
(マルコ8:15)「ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい。」

【マルコによる福音書3:1-6】
◆ファリサイ派の人々とヘロデのパン種
8:14 弟子たちはパンを持って来るのを忘れ、舟の中には一つのパンしか持ち合わせていなかった。
8:15 そのとき、イエスは、「ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい」と戒められた。
8:16 弟子たちは、これは自分たちがパンを持っていないからなのだ、と論じ合っていた。
8:17 イエスはそれに気づいて言われた。「なぜ、パンを持っていないことで議論するのか。まだ、分からないのか。悟らないのか。心がかたくなになっているのか。
8:18 目があっても見えないのか。耳があっても聞こえないのか。覚えていないのか。
8:19 わたしが五千人に五つのパンを裂いたとき、集めたパンの屑でいっぱいになった籠は、幾つあったか。」弟子たちは、「十二です」と言った。
8:20 「七つのパンを四千人に裂いたときには、集めたパンの屑でいっぱいになった籠は、幾つあったか。」「七つです」と言うと、
8:21 イエスは、「まだ悟らないのか」と言われた。

イエス・キリストは「愛」の師。一般的にはそのように言われていますね。

しかしシェアを重ねる毎にイエスの師としての真理への姿、厳しさが浮き彫りとなってきました。

シェア14回では、イエスの問いかけの真理を理解できず、忘れたパンをめぐり論じあう弟子たちの不甲斐なさに、イエスの師としての教えが鋭く矢のように弟子たちに指し示す姿を学びました。

パンの「無い」ことで議論しあう弟子たちの姿はイエスの伝えたかった真理に対し、私はそのあまりの理解の差に、イエスの師としての歯がゆさを体感することとなりました。

「まだ悟らないのか。」

イエスは、そう何度も弟子たちに告げています。

ずっとイエスと共に歩んできた弟子たち。彼らはいつまでも「物」が無いことを見、惑っている。しかしイエスは、その「源」の在りかたを見、語っている。その違いに、人間の限界を私は感じます。

イエスの言葉は、「バサリ」と音がするように真理であると感じます。和を尊ぶ日本人には馴染むことが簡単ではないかもしれません。しかし、弟子たちの変化を願い愛をもって真理を語るイエスの姿は、まさに真実の「師」であると、私は憧れをもちます。

イエスを模範とし生きることが喜びであると感じるとき、バイブルタイムでは一歩一歩その道を歩んでいることに気がつくことが出来るのです。(岩付)

【ルカによる福音書1:26-38】
1:26 六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。
1:27 ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。
1:28 天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」
1:29 マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
1:30 すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。
1:31 あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。
1:32 その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。
1:33 彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」
1:34 マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」
1:35 天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。
1:36 あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。
1:37 神にできないことは何一つない。」
1:38 マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。

初期ルネッサンス期に、イタリア人の有名な画家フラ・アンジェリコ(天使のような修道士の意味、本名はグイ―ド・ディ・ピエトロ1395-1455~ドミニコ会の修道士)が描いた代表作「受胎告知」を知っている人は多いと思います。現在はこの絵はフィレンツェのサン・マルコ美術館(修道院)にあります。

この絵は今読んでいただいてルカによる福音書1:26-38が素材になっています。天使ガブリエルがガリラヤ地方の町ナザレのマリアのもとに、神から遣わされ、次のように告げます。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。」

天使ガブリエルは口元に微笑みをたたえ、祝福に満ちた優しいまなざしでマリアを見つめて素晴らしいメッセージを伝えています。そしてマリアは胸に両手を交差させて、厳粛な面持ちでメッセージを受け入れているように描かれ、またその両手は胎内に宿る命を優しく守っているようにも見受けられます。

そのほかにも「受胎告知」の絵画は、フィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されているレオナルド・ダ・ビンチとアンドレ・デル・ヴェロッキオによるものなどが有名です。(大塚国際美術館にその陶板画があります。)

美術作品としての「受胎告知」はとても美しく、優雅な情景として描かれていますが、聖書の告げる「受胎告知」は、思いも寄らないほど厳しく、想像をはるかに絶する苦しみと過酷な現実をわたしたちに提示しています。なぜならば、まだ結婚もしていない十代の一人の乙女のところに、天使が現れ、「あなたに赤ちゃんが生まれます」と告げたのです。しかも「恵まれた方、おめでとう」とまで言うのです。マリアが驚かないわけがありません。寝耳に水、何がおめでとうですか。ふざけないでくださいと言ってもいいくらいな、当時(2000年前)ではとても考えられない、まず生きていけないほどのスキャンダラスな出来事だったのです。マリアの小さな胸は張り裂けんばかりであったでしょう。ですから「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに」と天使に答えているのです。

マリアが神の子を身ごもることは、彼女の意志ではなく、神の御計画であり、神があなたをお選びになったのだと天使は告げます。マリアは小さな田舎町の一女性であり、地位も身分も財産も、学歴もなく、また人間として特別に秀でていたわけではありませんでしたが、不可能を可能にする神を信じ、その神に自分自身を委ね、「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように」と答えました。マリアのどこまでも謙遜で従順な姿が、イエスをこの世に送り出す器とされたのです。神がイエスを人間としてこの世にお遣わしになり、マリアは神であるイエスの母として生きる光栄を与えられたのです。クリスマスは、神が一人の乙女マリアを通して、人間の世界に直接関わってこられた出来事であり、この出来事をわたしたちは「おめでとう」という挨拶で受け入れます。

わたしには到底信じられないようなことを信じる決断をする時、そこに不思議な出来事、すなわち奇跡が起こります。マリアが世界中の人々から親愛の情をもって現在も崇敬されているのは、彼女が一人の人間として思い悩み、迷いつつも、最終的には神にすべてを委ねる生き方を信仰によって決断したからに違いありません。

クリスマスはまさに奇跡です。わたしたちには到底信じられないようなことが起こったからです。このイエス誕生の出来事を信じるとき、わたしたちは「主が共におられる」大きな喜びを、間違いなく体験できるのです。(チャプレン大西 修 主教)

ラベンダー

可愛い天使たちが今年も柳城短大を訪れてくれましたよ。

附属柳城幼稚園の年長さんたちと和やかなひと時が持てました。主に感謝です。トーンチャイムの演奏とクリスマスソングのお歌が元気いっぱいチャペルに響き渡ります。

舞台に立ちながらも、お母さんの目の前で満面の笑みを見せる園児さんがとても印象的でした。クリスマスの思い出がこの子たちの胸に一生生き続けるよう、主にお願いしたいです。

 

 

 

 

 

 

●お話「クリスマスの備え」~愛あるところに神います~
【マタイによる福音書25:34-40】
25:34 そこで、王は右側にいる人たちに言う。『さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。
25:35 お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、
25:36 裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』
25:37 すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。
25:38 いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。
25:39 いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』
25:40 そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』

今週からクリスマスの準備に入りました。そこにある4本のローソクは日曜日ごとに1本ずつ点灯されていきます。クリスマスは私たちを嬉しい気持ちにさせてくれますね。

さて、よく知られた話に『靴屋のマルチン』というのがあります。幼稚園児もよく知っているこの物語は、愛のあるところに神様もおられることを伝えようとしています。その幸せを伝えるために神様はイエス様を地上に送って下さいました。

「わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれた」と今日の聖書には書かれています。私たちが人をそのように愛する時、それを神様はよくご存知です。ただ、それがごく自然な気持ちからではなくて、何か打算的に働く時、神様は本当にはお喜びにはなりません。

私たちが知る知らないに関わらず、神様はいつも働いて下さいます。イエス様をこの世に送って下さったのもその表れです。神様の愛で満たされたクリスマスを喜んで迎え入れ、周りの人々にもその喜びをおすそ分けしたいものです。(チャプレン大西 修 主教)

シェア15:『あなたにとってイエスとは』
(マルコ8:29)「それでは、あなたがたは私を何者だと言うのか」

【マルコによる福音書8:27-30】
◆ペトロ、信仰を言い表す
8:27 イエスは、弟子たちとフィリポ・カイサリア地方の方々の村にお出かけになった。その途中、弟子たちに、「人々は、わたしのことを何者だと言っているか」と言われた。
8:28 弟子たちは言った。「『洗礼者ヨハネだ』と言っています。ほかに、『エリヤだ』と言う人も、『預言者の一人だ』と言う人もいます。」
8:29 そこでイエスがお尋ねになった。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」ペトロが答えた。「あなたは、メシアです。」
8:30 するとイエスは、御自分のことをだれにも話さないようにと弟子たちを戒められた。

シェア15回となったバイブルタイムでは、私にはイエスの「問いかけ」が何度も十字架とともに浮かび上がる機会となりました。

いよいよ弟子たちに、これから御身に起こるべき苦難を話されたイエスですが、「救い主(メシア)」というイエスの使命は、民衆たちには、日々の暮らしを向上させてくれる「王」という認識でしかなかったことを福音の言葉からお伝えいただき、理解が深まりました。

私はなぜか、イエスと民衆のメシア観のその相違に、精神世界ブームに理想を求め、様々に「あやかる場所」を徘徊し終えることのない現代人の姿が見えるようでした。

精神世界を求めることで一時は高みに近づいていく陶酔と安心があるでしょう。しかし目の前にある「自分」の居心地の良さだけを理想とする心の渇きには平和はなく、そこに根本的な変化はないと私は思うのです。

イエスはメシア観の相違が大きいことを承知で神のご計画を話されました。

「誰にも話さないように」(マルコ8:31)と弟子たちに言われたその時、彼がどのような思いであったのか推測はできますが、福音書には答えはありません。

バイブルタイムでは様々な方向からのシェアが自由に行われます。それぞれのメシア観があり、イエスの思いを体感したいとイメージを膨らませます✴。

『イエス・キリスト』すなわち『救い主・イエス』―。 この信仰告白こそ、十字架にひとり向かわれたイエスの生き様を模範とし愛する喜びであると感じます。また『イエス・キリスト』により道の終着点を私は知ることが出来ました。

その安心感と平和な心をバイブルタイムの場でこれからも学んでいきます。(岩付)

倉敷の大原美術館にあるエル・グレコの絵画『受胎告知』は薄暗い部屋に飾られていました。この美術館を立ち上げた大原 孫三郎(おおはら まごさぶろう、1880-1943)は、ヤング宣教師がちょうど柳城を創設した頃、東京で放蕩三昧を繰り返しています。でも謹慎中に回心し、さらに25歳の時にはクリスチャンとなり、数々の社会貢献に身を投じて行くのです。
今年もクリスマスを迎える時期(アドベント 降臨節)に入りました。新しい自分になりたい、何かに挑戦したいという気持ちに私たちをさせる時期でもありますね。

●説教のテーマ:「受胎告知」
●説教者:大西 修 チャプレン
●聖書箇所:ルカによる福音書1:26-38
1:26 六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。
1:27 ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。
1:28 天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」
1:29 マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。
1:30 すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。
1:31 あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。
1:32 その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。
1:33 彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」
1:34 マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」
1:35 天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。
1:36 あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。
1:37 神にできないことは何一つない。」
1:38 マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。

●日時:12月13日(水) 13:10~ 対象:保育科1年生・保育科2年生・専攻科学生・教職員
●礼拝形態:合同礼拝
●場所:チャペル

○次回以降の予定
・12/20(水) クリスマス礼拝(体育館)16:30~
・12/27(水)合同礼拝(チャペル)13:10~ 説教:大西チャプレン
・1/10(水)合同礼拝(チャペル)13:10~ 説教:大西チャプレン

1 / 4512345...102030...最後 »
このページの先頭へ