*
カテゴリー:ご挨拶 の記事一覧

2017年4月からチャプレンとしてお手伝いさせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

柳城との関わりは幼稚園の時からですので、もう60数年になります。愛する柳城のために少しでもお役に立つならばこの上ない喜びです。

2018年は創立120 周年に当たる記念すべき年、初心に帰って「互いに愛し合いなさい」のみ言葉を教職員・学生一人一人の中で、実りあるものにしていくために、何をなすべきかを考え、少しでも実践できるように自分自身を見つめ直しつつ、皆さんと共に前進していきたいと願っています。

キリストにとらえられ、柳城の教育・保育に大きな足跡を残された先達が、喜びのうちに愛の業に励まれた姿を思い描き、その愛のうちに育まれてきたたくさんの子どもたち、またその子どもたちから多くを学んだ保育者・保護者たちが今も生き生きと生きていることに、心打たれ、神の絶えざるみ恵みと導きに感謝しています。

この時代の荒波の中にあっても、キリストにある変わらないものをしっかりと基礎に据え、変えていかなければならないものは勇気と決断をもって変えていくことができるよう祈り求めています。
(チャプレン 主教 大西 修)

名古屋柳城短期大学キリスト教センターは、本学の建学の精神「愛をもって仕えよ」の言葉に基づいて、2011年に創設されました。

本学は日本聖公会に連なる高等教育機関として、建学の精神が示すキリスト教主義に基づく教育を実践しています。大学附属の教会であるチャペルでは、毎週水曜日に礼拝が行われ、学生自身が日々の生活と学びの中心に祈りと賛美のときをもつことができるような場を提供しています。入学式や卒業式、創立記念日などの主な儀式・式典は礼拝形式で行われています。また、建学の精神の具体的な実践として、学生と教職員の協働によるボランティア活動を行い、地域社会との交流や貢献活動を展開しています。

キリスト教センターでは、これらの活動の企画・運営を通じて、本学の建学の精神が示す隣人愛と奉仕の精神を示すよう努めております。(村田)

 

このページの先頭へ