*
カテゴリー:スケジュール の記事一覧

前回に引き続き旧約聖書が扱われます。

主人公のダビデは今から3000年まえにイスラエルを統治した王です。名もない羊飼いでしたが、神に用いられ、信仰深く、武勇に長け、人情が厚く、音楽や詩歌にも秀でた人物として歴史にその名を残しました。でも、長期にわたり王座に君臨していたことが災いしてか、晩年、人の道から大きく外れた行為を平気で犯してしまいます。それを預言者ナタンに指摘されるというのが今回の場面です。

私たちは知らず知らずのうちに傲慢になっていきます。そうなることを前提に、社会には色々な仕組みが備えられています。選挙などもその一つですね。そういう大がかりで金のかかるシステムも大切ですが、柳城にはもっとシンプルな仕組みが備わっています。それが大学礼拝です。宗教の時間というよりも、もっと緩やかに、自分を振り返る時間として大切にしたいものです。

お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●日時:7月23日(火)
3限 13:10~:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●場所:チャペル
●説教:大西チャプレン
●テーマ:「犯した罪に鈍感なわたしたち ~ダビデ王の罪から考える~ 」
●聖書箇所:【サムエル記下12:1-10】
12:1 主はナタンをダビデのもとに遣わされた。ナタンは来て、次のように語った。「二人の男がある町にいた。一人は豊かで、一人は貧しかった。
12:2 豊かな男は非常に多くの羊や牛を持っていた。
12:3 貧しい男は自分で買った一匹の雌の小羊のほかに/何一つ持っていなかった。彼はその小羊を養い/小羊は彼のもとで育ち、息子たちと一緒にいて/彼の皿から食べ、彼の椀から飲み/彼のふところで眠り、彼にとっては娘のようだった。
12:4 ある日、豊かな男に一人の客があった。彼は訪れて来た旅人をもてなすのに/自分の羊や牛を惜しみ/貧しい男の小羊を取り上げて/自分の客に振る舞った。」
12:5 ダビデはその男に激怒し、ナタンに言った。「主は生きておられる。そんなことをした男は死罪だ。
12:6 小羊の償いに四倍の価を払うべきだ。そんな無慈悲なことをしたのだから。」
12:7 ナタンはダビデに向かって言った。「その男はあなただ。イスラエルの神、主はこう言われる。『あなたに油を注いでイスラエルの王としたのはわたしである。わたしがあなたをサウルの手から救い出し、
12:8 あなたの主君であった者の家をあなたに与え、その妻たちをあなたのふところに置き、イスラエルとユダの家をあなたに与えたのだ。不足なら、何であれ加えたであろう。
12:9 なぜ主の言葉を侮り、わたしの意に背くことをしたのか。あなたはヘト人ウリヤを剣にかけ、その妻を奪って自分の妻とした。ウリヤをアンモン人の剣で殺したのはあなただ。
12:10 それゆえ、剣はとこしえにあなたの家から去らないであろう。あなたがわたしを侮り、ヘト人ウリヤの妻を奪って自分の妻としたからだ。』

●次回以降の予定
・9/3(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・9/10(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン

今回は「ヨナの物語」が扱われます。当時の時代背景を知らないと物語の意味がサッパリ分からないという難点はありますが、この短いお話には「神は愛です(1ヨハネ4:16)」というメッセージが鮮明に記されています。加えて、私たちの胸の奥に潜む邪悪な心(持ってない人もいるかも)をあぶり出してくれるので、とても刺激的です。

チャプレンのお話にも、きっと気合が入ることでしょう(笑) 「乞うご期待」です‼

お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●日時:7月16日(火)
3限 13:10~:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●場所:チャペル
●説教:大西チャプレン
●テーマ:「わたしの中に生きているヨナ ~ヨナの生きざまから学ぶ~」
●聖書箇所:【ヨナ書3:1-4:11】
3:1 主の言葉が再びヨナに臨んだ。
3:2 「さあ、大いなる都ニネベに行って、わたしがお前に語る言葉を告げよ。」
3:3 ヨナは主の命令どおり、直ちにニネベに行った。ニネベは非常に大きな都で、一回りするのに三日かかった。
3:4 ヨナはまず都に入り、一日分の距離を歩きながら叫び、そして言った。「あと四十日すれば、ニネベの都は滅びる。」
3:5 すると、ニネベの人々は神を信じ、断食を呼びかけ、身分の高い者も低い者も身に粗布をまとった。
3:6 このことがニネベの王に伝えられると、王は王座から立ち上がって王衣を脱ぎ捨て、粗布をまとって灰の上に座し、
3:7 王と大臣たちの名によって布告を出し、ニネベに断食を命じた。「人も家畜も、牛、羊に至るまで、何一つ食物を口にしてはならない。食べることも、水を飲むことも禁ずる。
3:8 人も家畜も粗布をまとい、ひたすら神に祈願せよ。おのおの悪の道を離れ、その手から不法を捨てよ。
3:9 そうすれば神が思い直されて激しい怒りを静め、我々は滅びを免れるかもしれない。」
3:10 神は彼らの業、彼らが悪の道を離れたことを御覧になり、思い直され、宣告した災いをくだすのをやめられた。
4:1 ヨナにとって、このことは大いに不満であり、彼は怒った。
4:2 彼は、主に訴えた。「ああ、主よ、わたしがまだ国にいましたとき、言ったとおりではありませんか。だから、わたしは先にタルシシュに向かって逃げたのです。わたしには、こうなることが分かっていました。あなたは、恵みと憐れみの神であり、忍耐深く、慈しみに富み、災いをくだそうとしても思い直される方です。
4:3 主よどうか今、わたしの命を取ってください。生きているよりも死ぬ方がましです。」
4:4 主は言われた。「お前は怒るが、それは正しいことか。」
4:5 そこで、ヨナは都を出て東の方に座り込んだ。そして、そこに小屋を建て、日射しを避けてその中に座り、都に何が起こるかを見届けようとした。
4:6 すると、主なる神は彼の苦痛を救うため、とうごまの木に命じて芽を出させられた。とうごまの木は伸びてヨナよりも丈が高くなり、頭の上に陰をつくったので、ヨナの不満は消え、このとうごまの木を大いに喜んだ。
4:7 ところが翌日の明け方、神は虫に命じて木に登らせ、とうごまの木を食い荒らさせられたので木は枯れてしまった。
4:8 日が昇ると、神は今度は焼けつくような東風に吹きつけるよう命じられた。太陽もヨナの頭上に照りつけたので、ヨナはぐったりとなり、死ぬことを願って言った。「生きているよりも、死ぬ方がましです。」
4:9 神はヨナに言われた。「お前はとうごまの木のことで怒るが、それは正しいことか。」彼は言った。「もちろんです。怒りのあまり死にたいくらいです。」
4:10 すると、主はこう言われた。「お前は、自分で労することも育てることもなく、一夜にして生じ、一夜にして滅びたこのとうごまの木さえ惜しんでいる。
4:11 それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。そこには、十二万人以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから。」

●次回以降の予定
・7/23(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・9/3(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン

今回の説教は変則で、3限と4限で担当が異なります。

3限は非常勤講師の成瀬英雄先生です。本学の学生さんが施設実習でいつもお世話になっている児童養護施設「溢愛館(いつあいかん)」の職員兼理事を務めておられます。本学と同じように、キリスト教精神のもとに建てられたこの施設。約70年の歴史が熱く語られることでしょう。

4限は大西チャプレン。復活したイエス・キリストが弟子のペトロに向かって何度も「わたしを愛しているか?」と問い掛ける場面が扱われます。イエスはペトロのことが大好きだったのでしょう。茶目っ気たっぷりのイエスをイメージして読むと、深刻な内容を愛をもって伝えようとするイエスの姿が浮かび上がってきて、なんだか嬉しくなってきます。

どちらも外せない感じですので、可能な人は、頑張って両方出席してみては?
お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●日時:7月9日(火)
●場所:チャペル
【3限】13:10~:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
●教話:成瀬 英雄先生(本学非常勤講師、児童養護施設「溢愛館」職員兼理事)
●テーマ:「溢愛館(いつあいかん)の働きを通して思うこと」

【4限】14:50~:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●説教:大西チャプレン
●テーマ:「わたしはあなたを愛している」
●聖書箇所:【ヨハネによる福音書21:15-19】
21:15 食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。
21:16 二度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの羊の世話をしなさい」と言われた。
21:17 三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。
21:18 はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。」
21:19 ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである。このように話してから、ペトロに、「わたしに従いなさい」と言われた。

●次回以降の予定

・7/16(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・7/23(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・9/3(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン

今回の聖書は、あのマザー・テレサが好んで良く利用した箇所です。

「わたしが飢えていた時に食べさせてくれ、わたしが見知らない者であったのに、喜んで迎え入れてくれ、裸の時に着せてくれ、病気の時に介抱してくれた。私たちの仕事の土台は、このイエスの言葉なのです。」

40節にあるイエスの言葉「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」を、彼女はこのように実践で活用しました。

私たちにも、このような「座右の銘」が与えられるといいなあと思いますが、どうでしょう。

礼拝、お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●テーマ:「何のために生きるのか?」
●聖書箇所:【マタイによる福音書25:31-46】
25:31 「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。
25:32 そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、
25:33 羊を右に、山羊を左に置く。
25:34 そこで、王は右側にいる人たちに言う。『さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。
25:35 お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、
25:36 裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』
25:37 すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。
25:38 いつ、旅をしておられるのを見てお宿を貸し、裸でおられるのを見てお着せしたでしょうか。
25:39 いつ、病気をなさったり、牢におられたりするのを見て、お訪ねしたでしょうか。』
25:40 そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』
25:41 それから、王は左側にいる人たちにも言う。『呪われた者ども、わたしから離れ去り、悪魔とその手下のために用意してある永遠の火に入れ。
25:42 お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせず、のどが渇いたときに飲ませず、
25:43 旅をしていたときに宿を貸さず、裸のときに着せず、病気のとき、牢にいたときに、訪ねてくれなかったからだ。』
25:44 すると、彼らも答える。『主よ、いつわたしたちは、あなたが飢えたり、渇いたり、旅をしたり、裸であったり、病気であったり、牢におられたりするのを見て、お世話をしなかったでしょうか。』
25:45 そこで、王は答える。『はっきり言っておく。この最も小さい者の一人にしなかったのは、わたしにしてくれなかったことなのである。』
25:46 こうして、この者どもは永遠の罰を受け、正しい人たちは永遠の命にあずかるのである。」

●説教:中尾 志朗 司祭(一宮聖光教会)
●日時:7月2日(火)
3限 13:10~:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●場所:チャペル

●次回以降の予定
・7/9(火)通常礼拝(チャペル)お話(3限):成瀬英雄先生 説教(4限):大西チャプレン
・7/16(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・7/23(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン【前期最終】

先日、柳城の学内で、死んだハムスターの埋葬に立ち会いました(詳しくはこちら)。「天国へ行くんだよっ!」と遺体に向かって何度も言葉をかける飼い主の胸の内が周囲に広がっていました。命の大切さが実感できる機会となりましたが、尊い命が死によって自覚できるというのも実は妙な話です。本当は元気に生きていながら感じたいものですが、命って空気のように「いつもあって当然」みたいな感覚の言葉なのかもしれません。

「命こそ宝」を意味する沖縄の言葉「命(ぬち)どぅ宝」が今回のテーマです。平和運動のスローガンとして有名ですね。聖書が語る「人の命」のルーツも振り返りながら、命について深く考える機会にしましょう。

礼拝、お待ちしています!(^^)!

●テーマ:「命(ぬち)どぅ宝」
●聖書箇所:【創世記2:4-7】
2:4 これが天地創造の由来である。主なる神が地と天を造られたとき、

2:5 地上にはまだ野の木も、野の草も生えていなかった。主なる神が地上に雨をお送りにならなかったからである。また土を耕す人もいなかった。
2:6 しかし、水が地下から湧き出て、土の面をすべて潤した。
2:7 主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

●説教:大西チャプレン
●日時:6月25日(火)
3限 13:10~:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●場所:チャペル

●次回以降の予定
・7/2(火)通常礼拝(チャペル)説教:中尾 志朗 司祭(一宮聖光教会)
・7/9(火)通常礼拝(チャペル)お話(3限):成瀬英雄先生 説教(4限):大西チャプレン
・7/16(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン

今回の聖書は、パウロという宣教者が書いた手紙が取り上げられます。彼は精力的にイエス・キリストの福音を伝道して、キリスト教の布教に多大な影響を及ぼした人物です。

元々は厳格なユダヤ教徒で、キリスト教徒を迫害する中心人物の1人であったという点が、彼の存在感を大いに高めています。彼がキリスト教に回心した様子が聖書にも記されていますが、そのように生まれ変わったとはいえ、普通に考えれば、彼自身、過去の自分との葛藤に相当悩まされたことでしょう。

キリスト教の普及に伴う迫害に加え、自分自身とも戦わなければならなかったパウロ。試練に立ち向かう彼の態度は、今日の私たちに生きる勇気を与えてくれます。

その勇気を皆で感じ合いましょう。
礼拝、お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●テーマ:「試練に立ち向かった人たち」
●聖書箇所:【ローマの信徒への手紙12:9-17】
12:9 愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、
12:10 兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。
12:11 怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。
12:12 希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。
12:13 聖なる者たちの貧しさを自分のものとして彼らを助け、旅人をもてなすよう努めなさい。
12:14 あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません。
12:15 喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。
12:16 互いに思いを一つにし、高ぶらず、身分の低い人々と交わりなさい。自分を賢い者とうぬぼれてはなりません。
12:17 だれに対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい。

●説教:大西チャプレン
●日時:6月18日(火)
3限 13:10~:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●場所:チャペル

●次回以降の予定
・6/25(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・7/2(火)通常礼拝(チャペル)説教:中尾 志朗 司祭(一宮聖光教会)
・7/9(火)通常礼拝(チャペル)お話(3限):成瀬英雄先生 説教(4限):大西チャプレン

今回取り上げられる創世記ですが、ここから性別差について読み解くのか、それとも、24節まで読み進めて神関係について学ぶのか、読み手によって随分と差の出る場所です。「聖書全文はイエス・キリストについて語っている」とも言われていますので、「もしイエスなら、この箇所をどう説教されるだろうか」と想像するのも楽しいかもしれません。

教話をしていただく後藤香織司祭は、以前、大学礼拝で性的少数者について語られた方です(記事はこちら)。弱者の立場を守る視点でのお話が聞けるかなと思うとワクワクしてきますね。

礼拝、お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●テーマ:「エバが最初に蛇にそそのかされたからなの?」
聖書箇所:【創世記3:1-19】
3:1 主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。蛇は女に言った。「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか。」
3:2 女は蛇に答えた。「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。
3:3 でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。」
3:4 蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。
3:5 それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」
3:6 女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた。
3:7 二人の目は開け、自分たちが裸であることを知り、二人はいちじくの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとした。
3:8 その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると、
3:9 主なる神はアダムを呼ばれた。「どこにいるのか。」
3:10 彼は答えた。「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから。」
3:11 神は言われた。「お前が裸であることを誰が告げたのか。取って食べるなと命じた木から食べたのか。」
3:12 アダムは答えた。「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が、木から取って与えたので、食べました。」
3:13 主なる神は女に向かって言われた。「何ということをしたのか。」女は答えた。「蛇がだましたので、食べてしまいました。」
3:14 主なる神は、蛇に向かって言われた。「このようなことをしたお前は/あらゆる家畜、あらゆる野の獣の中で/呪われるものとなった。お前は、生涯這いまわり、塵を食らう。
3:15 お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に/わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き/お前は彼のかかとを砕く。」
3:16 神は女に向かって言われた。「お前のはらみの苦しみを大きなものにする。お前は、苦しんで子を産む。お前は男を求め/彼はお前を支配する。」
3:17 神はアダムに向かって言われた。「お前は女の声に従い/取って食べるなと命じた木から食べた。お前のゆえに、土は呪われるものとなった。お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。
3:18 お前に対して/土は茨とあざみを生えいでさせる/野の草を食べようとするお前に。
3:19 お前は顔に汗を流してパンを得る/土に返るときまで。お前がそこから取られた土に。塵にすぎないお前は塵に返る。」

●教話:後藤 香織 司祭(名古屋聖マルコ教会牧師、柳城幼稚園チャプレン)
●日時:6月11日(火)
3限 13:10~:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●場所:第1学生ラウンジ
礼拝直後に柳城タイム「茶話会」が開催されます。

●次回以降の予定
・6/18(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・6/25(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・7/2(火)通常礼拝(チャペル)説教:中尾 志朗 司祭(一宮聖光教会)

今回取り上げられる福音書には「愚かな金持ちのたとえ」という表題が付いています。裕福に成れたことを神に感謝しようとせずに、自分のためだけに財産を使おうとする愚かな金持ちが、神の裁きによって命を取り上げられてしまうという話。イエス・キリストのこのたとえ話を聞いていた庶民は「そら見たことか」と大喜びしたかもしれませんね。イエスの巧みな話術がここでも炸裂しています。

人や社会の為に生きる人生。柳城がずっと目指してきた道です。礼拝を通して深く心に刻みたいものです。

お待ちしています‼

✝ ✝ ✝

●テーマ:「自分の為(な)すことは、誰の為(ため)?」
●聖書箇所:【ルカによる福音書12:21】
「自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」

●勧話:下原太介司祭(名古屋聖マタイ教会牧師、三好丘聖マーガレット幼稚園チャプレン)
●日時:6月4日(火)
3限 13:10~通常礼拝:保育科1年ABクラス、2年CDクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~通常礼拝:保育科1年CDクラス、2年ABクラス、保育専攻科、教職員
●場所:体育館
礼拝直後に「リトリート報告&案内」が、その後には柳城タイム(バスケットボール)が予定されています。

●次回以降の予定
・6/11(火)通常礼拝(第1学生ラウンジ)説教:後藤香織司祭(名古屋聖マルコ教会)
・6/18(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・6/25(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン

「平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる。(マタイ5:9)」
イエス・キリストが語る「平和」について黙想する際に、同じマタイ福音書にある次のイエスの言葉が、いつも私を深い祈りに導いてくれます。 「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。(マタイ10:34)」 これは決して「戦いのススメ」ではありません。別の箇所にある有名なイエスの言葉、「剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる。(マタイ26:52)」がその理由です。

聖書が語る「平和」とは、悪いことが起きていないという静的な状態だけではなく、最高の幸福にいたる動的な状態をも意味しています。例えるなら、人との争いを避けてじっと我慢している状態ではなく、自分や周囲を良い方向へと高めていく積極的な態度と言えましょう。

本当の平和について、ご一緒に黙想しましょう。
お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●テーマ:「平和を実現する人々は、幸いである。」
●聖書箇所:【マタイによる福音書5:9】
5:9 平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる。

●説教:大西チャプレン
●日時:5月28日(火)
3限 13:10~通常礼拝: 保育科1年ABクラス、保育専攻科、教職員
4限 14:50~通常礼拝: 保育科1年CDクラス、保育専攻科、教職員
●場所:第1学生ラウンジ

●次回以降の予定
・6/4(火)通常礼拝(体育館)説教:下原太介司祭(名古屋聖マタイ教会)
リトリート報告会が行なわれます。
・6/11(火)通常礼拝(第1学生ラウンジ)説教:後藤香織司祭(名古屋聖マルコ教会)
・6/18(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン

私たちが日々唱える「主の祈り」。
その一節に「わたしたちの罪をおゆるしください。」とあります。

クリスチャンでない方がこれを唱えたら、たぶん内心では「私って、罪人だったっけ?」と思うかもしれません。一般的に言うと、私たち日本人には「罪」という言葉に抵抗感があります。「罪人」呼ばわりされるのが嫌で教会に行きたくない、という人も沢山いるようです。人間関係を何よりも大切にしがちな私たちには、神関係における罪の有り様が理解しにくいのでしょう。でも、自分の内面的な罪を意識しないことには、イエス・キリストの本当の愛を感じることは難しいかもしれません。

罪について考える良いチャンスです。
礼拝、お待ちしています!(^^)!

✝ ✝ ✝

●テーマ:「主の祈り」の素晴らしさ
●聖書箇所:【マタイによる福音書6:9-13】
6:9 だから、こう祈りなさい。『天におられるわたしたちの父よ、/御名が崇められますように。
6:10 御国が来ますように。御心が行われますように、/天におけるように地の上にも。
6:11 わたしたちに必要な糧を今日与えてください。
6:12 わたしたちの負い目を赦してください、/わたしたちも自分に負い目のある人を/赦しましたように。
6:13 わたしたちを誘惑に遭わせず、/悪い者から救ってください。』

●説教:大西チャプレン
●日時:5月21日(火)
3限【チャペル】保育科1年ABクラス、保育専攻科、教職員
13:10~通常礼拝
13:50~昭和警察署による学生向け交通安全講話
14:10~御器所交差点付近での交通安全街頭活動
4限【チャペル】保育科1年CDクラス、保育専攻科、教職員
14:50~通常礼拝

●次回以降の予定
・5/28(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・6/4(火)通常礼拝(チャペル)説教:大西チャプレン
・6/11(火)通常礼拝(チャペル)説教:後藤香織司祭(名古屋聖マルコ教会)

このページの先頭へ