*
カテゴリー:クリスマス の記事一覧

クリスマスは「イエス・キリストの誕生をお祝いする日」のことで、クリスチャンにとっては喜び極まる時であり、その歓喜がノンクリスチャンにも伝わって、日本でも今や国民的なイベントとして定着しているところです。神のご計画の素晴らしさ!

本学のクリスマスカードの表紙を飾る写真は、この「喜び」をテーマに、学内から公募した「今年の一枚」を採用しています。イエス・キリストご降誕の喜びが12/25だけはでなく、1年中続くといいなあという思いが、そこには込められています。

今年のカードに記載された説明文を、以下に掲載しておきます。

写真は、10月14日の大学礼拝後の様子です。AHIアジア保健研修所からパキスタン出身のゲストをお招きして、礼拝中にメッセージを頂きました。「平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイ5:9)という聖書の言葉に導かれた現地での豊かな活動が紹介され、本学にとって大きな恵みとなりました。主に感謝です。詳しくはウェブで。「柳城 AHI」で検索してみて下さい。(加藤)

 

言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。(ヨハネによる福音書 1:1-5、14)

先ほどのクリスマスページェントの登場人物の中で、羊飼いらは、貧しい者も含めた全人類がイエスによって救われる事を、一方、3人の博士らは、救い主イエスの誕生が疑いもない事実であった事を、それぞれ表しています。

神の前にあっては、この世の権威とか権力は打ち砕かれるものですが、イエス誕生の当時、ユダヤの人々はローマの支配下で苦しめられていました。救い主の誕生が強く期待されていたゆえんです。神はそれに応えてイエスをこの世に送って下さいました。でも、イエスの登場によってユダヤの社会が劇的に良くなったわけではなく、それ以後、2000年の長きに渡って、十字架上のイエスを仰ぎ見ながら人類は社会を徐々に良い方向へと変えてきたのです。今の世界はまだまだ発展途上ですが、私たちはこの世の不幸に関心を持って、全人類の平和の実現に向けて努力を重ねていきたいものです。先ずは身近な課題から。そして全世界的な視野へと広げていきましょう。

「全世界」と言われてもなかなかピンと来ないかもしれません。その点、宇宙から地球を見た人々はどうでしょう。私は以前、『宇宙からの帰還』という映画を見て、この全世界を少しだけ実感した事があります。真っ暗な宇宙に浮かぶ美しい青い地球が大きなスクリーンに映し出されます。そこに全ての自然界が息づいている。まさに奇跡。地球を見た宇宙飛行士の中から宣教師が誕生したという、その理由が分かるような気がしました。貴重な存在である地球の中で、すべての人々が平和に助け合いながら暮らしていけたらと願います。宗教間の対立などという事がよく言われますが、本当でしょうか。すべての宗教は愛と平和を求める中で一致できるはずなのに、人間の勝手な解釈で、それが歪められてしまっているのではないでしょうか。

神の真意や、イエスがこの世に誕生した意味を考える、そんなクリスマスにしたいものです。
(田中チャプレン)

 

Xmasツリーの点灯式の後、18:20からチャペルでXmasミニコンサートを開きました。

本学の同窓会のご協力を得て、他大学から5名の演奏者をお招きできました。皆さん、音楽の専門教育を受けておられる方ばかりで、そのみごとな演奏に、本学の音楽担当教員も絶賛されていました。ステージの出で立ちも優雅でしたし、仮面やXmas衣装の小道具がスパイス的に効いていました(掲載した写真の出来栄えが悪くてすみません)。

演奏後の感想を出演者に尋ねたところ、一つはチャペルの雰囲気、もう一つは聴衆の大多数である本学の学生さんがアットホームであった点を挙げながら「本当に心地よかった」というお返事をいただきました。

主催者側からは、次の聖句によるXmasメッセージをエンディングに付け加えさせていただきました。この箇所はたいへん重要で、聖書の中心であると考える人も多い所です。

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。(ヨハネによる福音書3:16)

わたしたちが信じる/信じないに関わらず、神は全ての人々を愛しておられます。その徴として神はイエス・キリストをこの世に送って下さいました。空気みたいな存在である(つまり、生きるに不可欠な割には意識されにくい)この愛に気付くことができるような、そんな本当のクリスマスを迎えたいものですね。

今宵のコンサートも、まさしく神の愛によるプレゼントでした。感謝です。(加藤)

 

 

16:45から玄関ホールにてXmasツリーの点灯式を行いました。

祈りと聖歌が神に捧げられました。用いられた聖書は「ヨハネによる福音書」の1章1節からです。

1:1 初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。
1:2 この言は、初めに神と共にあった。
1:3 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
1:4 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
1:5 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。
1:6 神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。
1:7 彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。
1:8 彼は光ではなく、光について証しをするために来た。
1:9 その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。

最初の1節は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。この「言」はギリシャ語の「ロゴス」を訳したもので「宇宙の摂理」といった内容です。著者のヨハネは、このロゴスを「神」、「命」、「光」、「イエス・キリスト」といった言葉に置き換えながらイエス・キリストのご生涯とその存在意味を私たちに伝えようと一生懸命でした。目に見えない世界の話を伝えるのですから、文章が詩的になって分かりにくくなるのは仕方がないことでしょうね。

クリスマスシーズン中、あちこちで見かけるロウソクやLEDのイルミネーションは、混沌とした世間の暗闇をさまよう私たちを真実へと導く、イエス・キリストからの道しるべの象徴です。その光を灯す意味を、今一度心に留めた今日の点灯式でした。主に感謝です。(加藤)

 

 

今日は学生さんらと一緒にXmasツリーの飾り付けをしました。

他大学さんの豪華な電飾系の物に比べると、何ともささやかなツリーではありますが、本学にとっては宝物。けっこう高価なオーナメント(装飾品)を丁寧に飾り付けました。

キリスト教の暦によると、11/30に一番近い日曜日(今年は11/29)からアドベント(降臨節)の約4週間がスタートします。この間、クリスチャンは自らの信仰のあり方を問いつつ、イエス・キリストの誕生に思いをはせながら、その喜びに浸るのです。ノンクリスチャンの方も普通にクリスマスを待ち焦がれる昨今ですが、その喜びの源は、実は神のお恵みにあるといえましょう。そのお恵みは空気のような存在なので、ハートの「メガネ」を使わないと見えません。

全ての人々に平等に与えられている神からのお恵みに、一人でも多くの方が気づくような、そんな2015年のクリスマスにしたいですね。(加藤)

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。(ヨハネによる福音書3:16)

12月17日(水)16時30分より体育館で行われたクリスマス礼拝の様子をお伝えします。(加藤)

・式の開始前にクリスマス献金をお捧げします。

・前奏の後、点火の祈りが捧げられ、聖歌と共に司式者団が入場して通路のロウソクに火が灯されます。

・聖歌隊の調べにのせてキリスト降誕劇が始まります。

・マリア(左)が天使ガブリエルから受胎告知を受けました。

・ヨセフとマリアがベツレヘムに向けて旅立ちます。

・イエスの誕生が、天使によって羊飼いらに告げられました。

・2匹の羊の正体は「我が子」でした(特別出演)!

・羊飼いらがイエスを拝みに来ました。

・続いて、3人の博士らが捧げ物を持ってイエスのもとに登場です。

・出演者全員で「きよしこのよる」を歌い、めでたくフィナーレです。

・降誕劇に続き、聖歌が朗読され、チャプレンがクリスマスメッセージを行います。
【ヨハネによる福音書 1:1-5、14】
初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。

・名古屋柳城短期大学ハンドベルクワイアによる「きよしこのよる」の演奏です。

・介護福祉専攻科の学生さんが手話を使いながら「Smile ~君は一人じゃない~ 」を歌いました。

・奉献の祈りの後、全員のローソクに火が灯され、祈りが捧げられます。
【アッシジの聖フランシスの祈り】
主よ、
あなたの平和を人々にもたらす道具として、
わたしをお使いください。
憎(にく)しみのあるところに愛を、
不当な扱いのあるところにはゆるしを、
分裂のあるところには一致を、
疑惑のあるところには信仰を、
誤っているところには真理を、
絶望のあるところには希望を、

暗闇(くらやみ)には光を、
悲しみのあるところには喜びを、
もっていくことができますように。
慰(なぐさ)められることを求めるよりは慰めることを、
理解されることよりは理解することを、
愛されることよりは愛することを、
求める心をお与えください。
私たちは自分に死ぬことによって自分を見いだし、
自分自身に死ぬことによって
永遠のいのちをいただくのですから。

・司式者団らが退場して礼拝は終了です。

・最後に、クリスマスプレゼントが全員に渡されました(プレゼントの内容はこちら)。

2014年度は、本学のロゴマーク入りミニハンカチ2枚セットです。

保育/幼児教育の現場に巣立つ多くの卒業生に役立つようにと考えてみました。タオル地で柔らかくサイズも小ぶりなので、あれこれと忙しい職場では重宝すると思っています。もちろん、使うたびに短大のロゴに記された「BY LOVE SERVE(愛を持って仕えなさい)」の文字を見つめて欲しいとの願いが込められています。

製作は、愛知県セルプセンターのご紹介を通して、愛知県長久手市にある「社会福祉法人 あいち福祉会 たかぎ作業所」にお願いしました。本所には全自動ミシンが何台も備わっており、まとまった数の注文に応えて頂けるたいへんありがたい所です。これを機に訪問させて頂きましたが、作業員そして職員の皆さんは明るく一生懸命に働いておられました。

「仕事などできるはずがないと思われていた方が、ここに来て普通に仕事ができるようになった時は本当に嬉しい」と語る所長さんの笑顔が印象的でした。
(加藤)

兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。律法全体は、「隣人を自分のように愛しなさい」という一句によって全うされるからです。
(ガラテヤの信徒への手紙 5:13-14)

2014年度のデザインには、当センターが企画する東日本大震災復興支援ボランティア活動の1シーンを採用しました。世の光であるイエス・キリストと花火の光とを重ね合わせ、長期化する復興への道のりが希望に満ち満ちたものになるようにとの願いを込めてみました。以下はカードに記載した説明書きです。(加藤)

※写真は、今年の夏、東日本大震災の被災地を訪問したボランティア学生と、仮設住宅に住む子どもたちとの交流活動中のワンシーンです。長期化する仮設住宅での生活を余儀なくされている子どもたちとボランティア学生は短い時間ではあったものの、互いに関わる中で心の繋がりをもつことができました。今なお困難と悲しみの中にある方々のあいだに、主の平和とみ恵みが行きわたりますように。

「 わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。」
(ヨハネ 12:46)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。
(ルカ1:30-32)

保育科の1・2年生の実習が終わって12月に入りました。学生たちが戻ってきたキャンパスはいつもの活気を取り戻しただけでなく、クリスマス・アドベントを迎えて、ふだんとは違った特別な雰囲気が漂うようになりました。

12月2日の日没時に、正面玄関のホールで、田中誠チャプレンの司式のもと、学生と教職員が集ってクリスマス・ツリーの点灯式が行われました。わずかに残った夕日の残照をたよりに聖歌を歌い、いよいよ次第に夕闇が濃くなっていく中で、手にしたろうそくに火を灯すと同時に、ツリーに灯りが点きました。ろうそくの火とツリーの灯りの中で聖歌を歌いながら、一年じゅうでもっとも夜が長く闇が濃くなるこの時期に、闇の中で光が灯り、いのちと希望の輝きが私たちの心に復活するクリスマスの奇跡を感じました。

ツリー点灯式から、柳城短大のアドベントが始まります。手づくりのオーナメント(ツリー飾り)で飾られたクリスマス・ツリーが来校される人を出迎え、学内の至る所に手作りのリースや各国の降誕人形が飾られます。思いがけないところに貼られているアドベントカレンダーを見つけて、毎朝、一番に来た人がその日の窓を開けるという楽しみもあります。図書館ではクリスマス絵本の展示も始まりました。

チャペルでは、アドベントクランツのろうそくが灯り、常緑樹の緑と手づくりのリースが飾られて、主の降誕を静かに待ち望んでいます。そして、毎年恒例となった、柳城短大のクリスマス展がチャペルの礼拝堂で展示されています。キャンドルタワー、サンタクロースの煙出し人形やマトリョーシカ、クリスマス記念の珍しい外国の切手、そして、クリブと呼ばれる各国の降誕人形など、クリスマスを祝う手作りの木の玩具がたくさん展示されています。

チャペルでのクリスマス展は、来年1月6日まで開催されます。見学をご希望の方は、キリスト教センターまでご一報ください。(村田)

 

2013年度のデザインには、長谷中ゼミが行っている子育て支援活動「たんぽぽくらぶ」の1シーンを採用しました。

保育系のキリスト教大学の特色を大いに活かして「喜び」を表現してみました。もちろん、イエス・キリストの誕生を喜び祝うクリスマスにふさわしい内容にしたかったからです。いかがでしょうか。(加藤)

このページの先頭へ