*
カテゴリー:クリスマス の記事一覧

ただ今マタイ教会のチャペルではクリスマス展が開催されています。

先日、朝のお祈りタイムのお時間を小礼拝堂にて大西チャプレンとご一緒させていただいた後、このクリスマスの可愛らしい人形やモコモコの羊たちを見ていたのです。

すると大西チャプレンより「これはクリブと言うんだよ。飼い葉桶という意味なんだ」と教えていただきました。

膝を床につけ両腕を机に。そのやわらかく伸ばした腕に右、左と順に顔をつけ、そのKrippeの世界にひたります。子どもの目線で。

「子どもたちは、こんな美しい世界をいつも見ているんだね」

そう…私たちこそ、子どもになる。

柳城のクリスマス。

Krippeは今年も私たち学生を見守り、待っていてくれます。(岩付)

12月21日に行われた礼拝の模様を、式次第の順にお届けします。
(インフルエンザ流行の心配があったため、当日は、礼拝参加者全員にマスク着用を呼びかけています)

●前奏
保育専攻1年生(野々垣先生クラス)によるハンドベル演奏
「きよしこの夜」 編曲:野々垣 文成(本学特任教授)
演奏者が少なかったので、一人が複数のパートをかけもちしたそうです。でも、テキパキとしたその身のこなしぶりは、見ていて気持ちが良かったです。

 

 

 

 

 

 

●点火の祈り
●聖歌 第69番「もろびとこぞりて」
点火の祈りの後、聖歌が歌われる間に司式者団が入場します。そして、通路に並べられたロウソクにサーバーが火を入れていきます。

●ページェント (イエス・キリスト降誕劇)
「キリスト教保育」受講生、有志学生
演技と聖歌隊の音とが見事に融合した内容だったと思います。毎年のことですが練習時間に限りがあったため、参加者には集中力が養われたことでしょう。本番直前まで工夫を絶やさなかった学生さん、愛をもって指導された柴田智世先生にそれぞれ感謝です。

●福音書 「ヨハネによる福音書 1:1-5、14」
●クリスマスメッセージ (一同着席)
チャプレン 司祭 田中 誠
内容はこちらでご覧ください。

●手話コーラス
介護福祉専攻科学生
「スマイル」 「にじいろ」
柔らかな 手さばきと豊な表情。手話の醍醐味みたいなものが伝わってきました。「一糸乱れぬ」という感じではなかったですが、そんなのは、手話には必要のない要素ですね。

●ハンドベル演奏
扶瀬ゼミ学生
「いのちの奇跡」 編曲:扶瀬 絵梨奈(本学助教)
直前練習の時のことです。満足のいく演奏ができなかった時、指導担当の扶瀬先生が「仲間を信頼して」とアドバイスされていました。たとえ誰かが音を外しても、決して動じずに仲間を信頼して演奏を続ける。このような貴重な経験が学生さんを成長させるのでしょうね。

●聖歌 第76番「かいばおけの干し草に」
●奉献の祈り
聖歌の間に、事前に集められた献金がステージに運ばれます。献金の報告はこちらです。

●聖歌 第91番「荒野のはてに」
●聖歌 「おほしがひかる」
これら聖歌の間に、各自の手持ちローソクに火が回されて、 闇に輝く柔らかな光が会場を美しく包み込みました。準備の苦労が報われる瞬間です。

 

 

 

 

 

 

●主の祈り
●諸祈祷
・名古屋柳城短期大学のための祈り
・東日本大震災と熊本地震を受けて~祈りをともに~
・アッシジの聖フランシスの祈り

 

 

 

 

 

 

●祝祷
●聖歌 第81番「神には栄え」
●後奏

聖歌の間に司式者団が退場し、その後、後奏の音を聞きながら黙想をします。
こうして、晴れ晴れとした気分の中、クリスマスプレゼントが配られて礼拝が終了となります。
今年もクリスマス礼拝を皆で分かち合える機会が与えられました。反省点も含めて、すべてを益に導いてくださる主に感謝します。(加藤)

 

 

クリスマスプレゼントは、本学の恒例イベントの一つです。クリスマス礼拝に参加する学生さん、教職員の皆さん、来賓の皆さんらに全員お配りしているものです。過去の記事はこちらで。

毎年、選定に時間を費やしていますが、2年前からは愛知県セルプセンターのご協力を得て、地域の社会福祉施設の商品を購入するようになってからは準備がスムーズに進むようになりました。お手ごろな値段で本学の要望を盛り込めるし、ささやかながら地域貢献にも加われるということで、担当者としては、大変喜んでいるところです。

今年は、2年前にお世話になった「たかぎ作業所」さんに、再びご厄介になりました。「ミニハンカチ2枚組」第2弾ということで、写真にあるように、本学の建学の精神(By Love Serve  愛をもって仕えなさい)をあしらったものです。

皆さんに、せいぜい使って頂ければ嬉しいです。(加藤)


本学では、年賀状代わりにクリスマスカードを各方面へお届けしていて、その表紙の写真を「今年一年のベストショット」として学内から募集しています。通常のクリスマスカードとは随分と趣が異なりますが、本学の日頃の諸活動が神のご計画に適うものであって欲しいとの願いから、喜びに満ちたクリスマスにふさわしい一枚を選ぶようにしています。

今年のクリスマスカードのコメント部分は以下の通りです。

写真は、本学のボランティアサークル「チーム・パティシエ」の活動のワンシーンです。東日本大震災復興支援活動の一環として、被災地の仮設住宅の皆さんにケーキを届ける活動を4年近く続けています。場所は離れていても心が繋がることを願いながら、皆で楽しんでいますよ。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」(ヨハネ15:5)     (加藤)

【ヨハネによる福音書 1:1-5、14】

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。

今、私たちは、福音書からクリスマスの意味を学び、降誕劇からクリスマスの出来事を振り返ることができました。

そのイエスの誕生から今日までの2000年間で、社会は大きく進歩しました。人間の探究心は、目に見えない宇宙の果てやミクロの世界にまで及び、高度に発達した通信網によって情報を瞬時に得られるようになりました。それなのに、このような社会が人間の悩み/苦しみを解放/解決してくれているかというと、そうとは言えないようです。むしろ、地球全体として捉える時、さすがに、大昔のような身分差別制度はなくなったにせよ、貧富の格差が、それに取って代るほどの規模で拡大しています。毎日、どこかで戦争も続いています。2000年前と較べて、本当の意味で、私たちは進歩しているのでしょうか。

皆さんも日頃から色々な悩み/苦しみを抱えていることと思います。それが生きている証かもしれませんが、ただ、それらを解決する努力が不足しているのではないでしょうか。多忙な日々に追われて、考え方が短絡的になり、物事を我慢強く考え抜こうとするのではなしに、手っ取り早く決めてしまおうとする傾向にあるようです。

先日も、いわゆるカジノ法案の強行採決の一件が話題になっていました。この法案の大きな狙いは経済の活性化でしょうが、儲かる人より損をする人の方が多いがカジノでして、ある人は、人の不幸を踏み台にして小さな幸福を得るのがカジノだと語っています。もっとしっかり議論して欲しいと思いますが、特に、先の東日本大震災の際の放射能汚染の影響で今なお避難生活を余儀なくされている方々のことを思うと、カジノ云々で議論し合っている場合なのか、と感じてしまいます。その放射能汚染問題をよそにして、日本の原発も、結局、再稼働が始まってしまいました。生きている間には自宅に戻れない福島の人々はもちろんですが、「避難」できないまま、現地で生き続けている動植物のことも考える必要があります。

都合の悪い放射能汚染には目をつむる一方で、利益に結びつくカジノの件はドンドンと話を進めるということでしょうか。キリスト教カトリック司教団は「私たち人間だけのことではなく、動植物との共存を認識しなさい」とのメッセージを発して、万物が神によって造られたことを心に留めるように促しています。

さて、クリスマスは、イエスが普通の人として生まれたことを記念するものです。イエスは私たちと同じ悩み/苦しみを経験した方なのです。だからこそ、信仰心でイエスを迎え入れた時に、彼を自分の助け主だと、身近に感じられるわけです。今日の福音書には「光と闇」とが語られていますが、「闇」が私たちの悩み/苦しみだとすると、「光」とは、イエスが側にいてくれて何か解決の道があるのではと希望が感じられるような安心感だと言えます。

今日の福音書と降誕劇を心に留めることで、すばらしいクリスマスを迎えて欲しいと思います。(チャプレン)


昨年に引き続き、Ontoh(オントー)の皆さんをお招きできました。

チャペルでの出演がたいへん楽しみだったようで、その気持ちが演奏と響き合い、聴衆側へも十分に伝わったような感じがしました。開演時間が5時限後だったため、教員の皆さんが、暗くて寒い中、帰宅しようとする学生さんをチャペルに誘導すべく必死で声かけをして下さいました。結局、大入りとはいきませんでしたが、暖かいチャペルの中で皆の温かい気持ちが一つになったようです。

曲目はクリスマスソングを中心に様々なジャンルの曲が組み合わされ、さらに曲間に入る若々しいウンチクトークが結構為になって、ヤングな演奏家をお招きする狙い通りの展開になったと思います。極めつけはアンコール曲が中島みゆきの『糸』であったこと。「縦の糸はあなた  横の糸は私  逢うべき糸に  出逢えることを  人は仕合わせと呼びます」と結ばれるこの曲に込められたOntohの皆さんの思いはいかばかりか。その気持ちをそっちのけに、「糸」を十字架の「木」に読み替えて、思いつきのクリスマスメッセージをしてしまい、少々反省しています。

神は、その愛を、太陽の光のごとく、すべての人に降り注ぎ、私たちを招いておられます。それに気づくか気づかないかが運命の分かれ道。神の道に入るのに苦行/修行みたいなものは必要ないと思います。今日のコンサートのように、チャペルに集った全員を楽しい気分でさせてくれたのも神のお恵みです。感謝しつつ、このような楽しいミニ企画がたくさん私たちに与えられ、神の愛の光が名古屋柳城短期大学の隅々にまで照らされることを祈りたいと思います。(加藤)

イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」
【ヨハネによる福音書8:12】

名古屋柳城短期大学のクリスマスシーズン到来を告げる恒例の行事が行われました。

点灯式は毎年と同じパターンでしたが、忙しいスケジュールの合間を縫って駆けつけてくれる学生さんが本当に素敵でした。今年は、式の後にコーヒータイムが設けられて、ホッと一息。参加者が一つになってクリスマスの温かみを共有できたような気がします。

本学には、大きなツリーやまばゆいばかりのイルミネーションもありません。それに代わる何かが与えられることを祈りつつ、神の御心に適う範囲で名古屋柳城短期大学らしいミッションが展開していけたらと思います。(加藤)

イエスが神殿の境内を出て行かれるとき、弟子の一人が言った。「先生、御覧ください。なんとすばらしい石、なんとすばらしい建物でしょう。」イエスは言われた。「これらの大きな建物を見ているのか。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。」

【マルコによる福音書13:1-2】

キリストの降誕劇を「ページェント」と呼んでいます。今年も授業科目「キリスト教保育」受講学生22名と、聖歌隊(聖歌隊サークルと有志の皆さんによる)18名、合計40名によるページェントが行われました。なぜキリスト教がクリスマスを祝うのか、その意義を学ぶために、本学で恒例となっています。

これらの本格的な練習が始まったのは、12月初旬だったため、学生たちは本番までのわずか2週間で形にしなくてはなりませんでした。当初は、台本を片手に学生たちは台詞を読むのに精一杯でした。役作りや動きもぎこちなく、科目担当者の私は「これで大丈夫かな?」という不安もぬぐえませんでした。しかし、本番3~4日前のラストスパートで、学生たちはみるみると上達し、劇、聖歌隊ともに目を見張るほどの成長を遂げていきました。これは昼休みや放課後も、遅くまで練習を重ねてきた成果だったと思います。

学内では、様々な行事において「柳城生は本番に強い」と語られています。今年の学生たちは本番だけでなく、練習の過程においても真摯に取り組んでいた皆さんを誇りに思い、心より感謝しています。(智世)

「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。」(ヨハネによる福音書15:7)

 


2015年のクリスマス礼拝が、12月16日、本学の体育館で行われました。

全体の流れは昨年同様でしたが、毎年、あらたな気持ちで式に臨むべく、名古屋柳城短期大学の宗教委員会(キリスト教センターと同メンバーで構成される組織)が企画運営にそうとうの時間をかけました。そして、全教職員や関係する学生さんの協力のもと、礼拝を滞りなく主に捧げることができたと思います。質素な中にも手作り感にあふれた本学らしい内容だったと、担当の一人として、ホンのちょっとだけ自負させて下さい。

さて、この礼拝の中で行われる毎年恒例の演奏が、ここで紹介するものです。

ハンドベルクワイアは浅倉ゼミに所属する保育科2年生の皆さんで、一方の手話コーラスは、介護福祉専攻科に所属する皆さんで、それぞれ編成されています。どちらも、うまく統一の取れた演奏で、しなやかさの中にも力強さが感じられたと思います。大勢の前で演奏するのは、けっこうプレッシャーになるかとは思いますが、多くの学生さんが、こういうチャンスを積極的に活用して、自分自身を向上させるという意識を養って欲しいですね。

素晴らしい演奏を主に捧げて、クリスマス礼拝に深みを増してくれた皆さんに、心から拍手を送りたいです。(加藤)

イエスは言われた。「婦人よ、わたしを信じなさい。あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来る。」(ヨハネによる福音書4:21)

 

 

 

 

今年のクリスマスプレゼントは、名古屋柳城短期大学のロゴマーク入りメモクリップ&マグネットです。

昨年に引き続き、地域で頑張っている皆さんを応援する目的で、愛知県セルプセンターからのご紹介を得て、名古屋市守山区にある社会福祉法人あさひ会に製作をお願いしました。

訪問させていただいた際に、製作の過程をつぶさに拝見できました。レーザー光線を使って木材を切り出したり、プリンターを使って木材に印刷をしたりと、私にとっては初めて見る光景ばかりだったので、思い切り感動して、現場の「空気」を白けさせたかもしれません。ごめんなさい。

また、施設長さんのお話から、あさひ会の皆さんが地域の方々から愛されていることを知りました。あさひ会がその規模を徐々に拡大できた背景にある経営哲学みたいなものに、本学はそれこそ「思い切り感動」する必要があるかもしれません。(加藤)

「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。」 (マタイによる福音書10:16)

 

このページの先頭へ