STAFF BLOG
[イメージ]

カテゴリー:★校内美化 の記事一覧

園芸コンテスト 二年連続にあたり😊✨ 2018/10/16

カテゴリー:特別な記念日 保育者


園芸コンテストで入選した花壇(一部)。詳しくはこちらで。

「本当にYさんはお花が好きなんだね♪」
さまざまな励ましのお言葉をいただいた中で、私の心に一番残っている言葉です😊

✝ ✝ ✝

こう見えても…(笑) 私は人生の少しの期間、咲き誇るお花を見るのが辛くて、お花が大嫌いな時があったんです!(お花さん。ごめんなさいっ(汗)💓)

人生のそのような期間を過ごした後、転機を与えられた私は保育の道を目指し柳城に入学しました。

しかし、ある時点までは学内のお花には興味がありませんでした(汗)…他人事だったんですね。

そして、園芸のお手伝いをさせてもらう!と決めてからも、すぐ行動に移すことができず、その頃の私は「自分から何かを始める」ことが不安だったんてす😊✨

振り返ってみますと、当初、園芸サークル(今は園芸ボラに名称変更)に入ろうと考えていた私は

①「このまま(一年生後半時)では学生生活が、あっという間に終わってしまう。」
②「現場に行っても体力が追いつかず、心にも不安を感じそう。もっと足腰に力をつけたい! 体力をつけなくては…。」
③「ひとり静かに自分を見つめる時間がほしい!」

と利己的な焦りや思いばかりで「お花が大好き! だからお世話したい!」そんな思いはあまり頭の中にはありませんでした…(汗)

肩を押していただき、やがて一日一日と活動を続けていくうち…

お花のお世話には繊細な心配りが必要であり、一方では、先を見越す長期的な視点を持つことが大切であると体感するようになりました。そして、繰り返される活動の中で淡々と作業をこなし持続する丁寧さを学んでいきました。

日々お世話をする中では失敗も多く、自分の不甲斐なさ、不器用さに悲しくなる時もありました。

しかし責任と共に試行錯誤の上、成功体験が重ねられ、徐々に言葉に出来ない喜びとなっていきました😊✨

その喜びが自信となり自分への信頼が深まる思いにつながった…と今感じています‼

✝ ✝ ✝

今年は大きな台風が何度もお花たちを襲いました。しかしお花たちはその力も受けいれ、抗うことなく、そのままの姿で咲いています。

これからも!

お花の姿を自身の励みに😊✨
子どもたちと笑顔でお花を楽しむ姿を夢見ながら😊✨

園芸活動をとおして、身をもって実践し続ける保育者としての学びを深めていきたいです。(Y)

大先輩からの嬉しい便り 2018/10/13

カテゴリー:保育者 歩み

今日(10/13)は、マタイ教会に用があって行きましたが、その前に柳城の花壇を拝見して、思わず「素敵!」と二人で叫びました。ヒマワリが真っ直ぐに伸びて、足元に可愛い花が咲き、穏やかで優しさが漂っていました。卒業生の一人としてお礼を言いたくてメールしました。「ありがとうございます。」

何と愛に満ちた便りでしょう!
これが柳城の保育の心なのですね!

こうやって、卒業生の皆さんと心でつながることが嬉しいです(^^♪

このような励ましが与えられるから、私たちはファイト・イッパ~ツなのです‼(笑)

咲き乱れ💛ワイルドフラワー 2018/10/12

カテゴリー:ワイルドフラワー

夏の花が終わりに近づきつつある今、柳城の花壇で一番頑張ってくれています(^_^)/

花の名前が未だに全部把握できてないので、詳しくはご紹介できませんが…(*_*;

とにかく、種のパッケージに書いてあった説明書きに、偽りは全くありませんでした!!!

「乾燥に強くグランドカバー向きの草丈の低い1年草と多年草を混合してあります。高速道路の法面や一般の道路沿い鉄道沿い、河川敷、町や団地の空き地などに広く利用されています。雑草の代わりに花を咲かせ、また、後から生えてくる雑草を抑えることができ、次々と違った花が長期間咲き続けます。花壇や空き地で、おもいっきり花が楽しめます。」

こちらの花壇は南門近くにあるので、柳城生や教職員の方にはあまり見てはもらえません(本学では北門が正門になっています)。残念です(-.-)

一見、雑草のように見えて派手さがありませんが、可愛い花がプチプチとついていて、じっくり観察するほどに愛着がわいてきます。それに昆虫がいっぱい集まってくれるのも嬉しいですね(^^♪

まさにワイルド(笑)

保育の授業で活用することで、柳城生の感性がキュイーン(笑)とアップするといいな~。

冬をどのように乗り越えてくれるのか、今から楽しみです。
その結果を受けて、北門付近の花壇に広げるかどうかを決めたいと思います。(K)

 

 

 

秋のヒマワリ君、大活躍! 2018/10/11

カテゴリー:保育者 ヒマワリ

これは図画工作の授業風景です。

写っていない学生さんを含めて15人くらいが、ヒマワリ君の方を向いて黙々と描いていました。

ヒマワリ君から見ると、学生さんの顔がヒマワリに(つまり、一斉に同じ方向を向いているということ)見えるんでしょうね(笑)

「ハチがいる~(*_*;
「心配ないよ、そっとしておけば・・・。」

「これ、花粉?」
「触ってみれば分かるさ。」
「嫌だ~!」(?笑)

学生さんとの会話が弾みます。(授業中に、すみません(笑))

そんな最中、授業担当の松下先生が「ヒマワリ、ありがとうございます」と私に声をかけて下さいました。保育や介護を目指す学生さんのお役に立てて嬉しいです(^^♪

学生さんも、ぜひ就職先で大きなヒマワリを育てて、子ども達らに喜ばれて下さい(^o^)/ (K)

昆虫たちがヒマワリのお風呂に(笑)2018/10/10

カテゴリー:ヒマワリ 昆虫など小動物

大きな円形の花粉のバスタブに、ツマグロヒョウモンミツバチが入浴中(笑)

想定外の秋のヒマワリがよほど嬉しいのでしょうか、昆虫がたくさん集まっています。近寄っても無視されるほど(*_*;(笑)

今年は今までに見たことの無い光景に出会えました。
たくさんの昆虫が花と戯れてくれて、私の心を豊かにしてくれたのです。
特にワイルドフラワーの周りは大変な騒ぎです(笑)

数十年前の柳城には花が咲き乱れていたようです。大先輩たちが「先生に花遊びを教わった」と語ることからしても間違いないですね。

柳城の環境をナチュラルなものに戻した~い(^^♪ 

園芸活動のチャレンジは続きます。(K)

秋咲きヒマワリ、満開~(^o^)/ 2018/10/9

カテゴリー:ヒマワリ

台風にも耐えたヒマワリ君たちが、どうです、この堂々たる姿!

眼下(笑)には、夏の花々がその役目を終わろうとしている・・・。
今の時期、こんな写真は、たぶん、珍しいでしょうね。

7/27に播種したので、ここまでに約2ヶ月半かかったことになります。

あの強烈な猛暑が思い出されます。

人間も耐えましたが、花たちも耐えてくれました。

「良い土地に落ちたのは、立派な善い心で御言葉を聞き、よく守り、忍耐して実を結ぶ人たちである」(ルカによる福音書8:15)。イエス・キリストは種を使ってたとえ話を語りました。種(=神の言葉)が信仰の厚い人に入れば、その人は妨害を受けたとしても、耐えて多くの良い行いを果たす、という意味です。

導かれて柳城に集うことになった私たちです。
困難に負けず、ヒマワリのように大きな花を咲かせたいですね。(K)

日本園芸協会ガーデンニングコンテスト入選! 2018/10/5

カテゴリー:特別な記念日 歩み

うん? 何やら、しっかりした封筒が日本園芸協会さんから届いたぞお~(@_@)
ドキドキワクワクしながら開封したところ……★★★(^o^)/

花たちがあまりにも美しく咲いてくれただけに、ほんのちょっぴり自信はあったけどね、2年連続は無理だわな~。(昨年の受賞についてはこちら

そう思いつつも、ダメもとで応募してよかったあ~(笑)
(日本園芸協会さんのサイトはこちらで)

 

日頃の努力が報われて本当に嬉しいです。

思わず…神様にありがとう! 花たちにありがとう!
平日に水遣りの作業をしていただいている清掃員の方にも感謝です!

柳城短大を愛する気持ちを花で表現! なんちゃって照れ照れ(^^♪)

これを契機に、柳城に良い流れが加速すると、もっと嬉しいね(^o^)/

ちなみに昨日、「柳城ヒマワリ フォトコンテスト」の開催をコールしたばっかり!
このグッドタイミングはいったい何を意味しているのかな!(^^)! (K)

ヒマワリフォトコンテストを開催します! 2018/10/4

カテゴリー:歩み

強い風と大雨。
あのような台風にも耐えて、次々と笑顔を咲かせる柳城の「ヒマワリ」たち♪🌻

強く、たおやかなヒマワリの姿と一緒に
あなたの笑顔も咲かせよう!
そんな😊✨フォトコンテストを開催します!

友だちとヒマワリ?
私とヒマワリ?💓
先生と…ヒマワリ?😊✨

どんな作品が集まるか、とっても楽しみです。

中庭は毎日「通る」だけでは、もったいない😊
自然の恵み、彩り、「今」を感謝して過ごす感性を大切に😊✨

総務課園芸ボランティアでは、お花の姿から得られる「瞬間」も短大生活を楽しみます!

新たなチャレンジが始まるよ(^o^)/(Y)

秋咲きヒマワリが顔を出しました! 2018/10/1

カテゴリー:ヒマワリ

台風一過となった今日、黄色の蕾が姿を現しましたよ(^^♪

花壇が大風の被害にあって気落ちしていた心が、一瞬でハッピーに!(笑)

良いことも悪いことも全部が混ぜ合わさって「自然」なんですね(^_^)/

このヒマワリたちは台風に備えてヒモで連結しておきました。その甲斐もあって、中庭では被害がありませんでした。でも、カフェ棟花壇のヒマワリたちにはその効果が現れず残念な結果に。その違いの原因は体の大きさにあったようです。カフェ棟花壇の方が日当たりが悪いので植物の成長に差が出るのです。


中庭花壇


カフェ棟花壇

このようにして経験を積んでいけることに感謝しながら、地道にコツコツと淡々に(笑)試行錯誤を繰り返しま~す(^J^) (K)

台風24号 2018/10/1

カテゴリー:歩み


「Yahoo! JAPAN 雨雲レーダー」より

前回の21号とほぼ同じコースで日本列島を駆け抜けていきました。

満潮時刻と重なるということで「伊勢湾台風の時の高潮に匹敵か」という警戒報道によって名古屋に緊張感が走りましたが、結局、大きな被害には至らず、皆さん、胸をなでおろしたことでしょう。きっと大勢の方の努力が、見えない所で発揮された結果ですね(^_^)/

さて、柳城短大の花壇への影響はというと、ヒマワリ3本が折れたこととペチュニア4株が根こそぎになったことです(*_*;

 

花壇にある夏の花たちは10月末頃まで十分に咲き続ける体力は持っていますが、自然の猛威にさらされるたびにその命を終えていきます。何とか11月1日の創立記念礼拝とそれに続く柳城祭までは美しく生き延びて欲しいと願っていますが、こればかりは時の運。

その運が良い方に傾くように、日々の手入れとお祈りだけは続けていきます(^o^)/ (K)

秋咲きヒマワリの第4弾、好スタート! 2018/9/25

カテゴリー:ヒマワリ

芽がプチプチ出るって、何度見ても嬉しいですね~(^O^)

播種してから僅か4日。発芽率は24分の22、つまり92%でした!
残りの2つも、そのうちに顔を出すかな?

このヒマワリが咲くのは11月下旬以降になる予定ですが、果たして大輪の花が初冬の柳城短大を彩ってくれるでしょうか。テスト栽培ですが、精一杯お世話させていただきます。

ちなみに、このテストを思いついた、そもそものきっかけは、こちらの記事で~す。(K)

張り切るゴーヤ君 2018/9/24

カテゴリー:野菜

ゴーヤの収穫時期は、そろそろ終わりに近づいています。

9/4の台風にさらされてツルがかなり弱りましたが、今もキレイな花をつけてくれています。しぶとく生き続けるその姿は「信頼感」抜群っていう感じですね。見習いたいもんです(笑)

一方、キュウリとミニトマトは9/7に片付けを終えています。

写真(9/5)は、左からゴーヤ、キュウリ、ミニトマトの順です。

ゴーヤの収穫量が多かったのに比べて、他の二つは大したことなかったという感じでシーズンが終わりました。通常、放任栽培をしてもそこそこ実をつけるものですが、今回、比較的ていねいに誘引作業をした割には手ごたえがなかったです(*_*;

ゴーヤに比べると、キュウリやミニトマトは栽培の難易度が高いことを、今更のように感じました。

「手がかかる」ことを承知で始めたのですが、「2本くらいなら…」という甘えがありました。今年は花壇の面積が2倍以上に広がったうえに、クローバーとワイルドフラワーにもチャレンジしたし、夏の記録的な猛暑で水管理に天手古舞(てんてこまい)…。

来年はどうしようかな~。(K)

ど根性ポーチュラカ☆リターンズ 2018/9/19

カテゴリー:ポーチュラカ

もちろん、昨年のポーチュラカが帰ってきたというわけではありませんが…(笑)

絵になる風景と思って今年も撮影しました。

写真の奥に茂るポーチュラカを刈り取った際に、地面に抜け落ちた一本が挿し芽となって成長したのでしょう。ポーちゃんの生命力には、いつも驚かされるばかりです。


最前列がポーチュラカ

今年の中庭花壇では根腐れが広がったために、ポーちゃんは全体的に短命に終わりそうです。夏の終わりが急ぎ足で進んだことも響いています。昨年と比べると勢いがなくて、正直、寂しいです。

でも、こんな写真(一枚目)でニコッとできることに感謝しなくては…。

花たちは一生懸命です(^^♪ (K)

お疲れ様でした♥ミラクルビームちゃん 2018/9/13

カテゴリー:ヒマワリ

夏の柳城をキラキラ飾ってくれたミニヒマワリも、今日でお別れです(T_T)

このミラクルビームという名の品種、何と言うか、輪郭がキリッとしていて、花もたくさんつけてくれる。だから、全体にとても品があって華麗なのです。そして、写真にある通り、何よりも片づけが楽ちん(笑)

あえて注文をつけると、次々と咲く時間差がもう少し長くあって欲しいですね。全部の花がほぼ同時に咲いてしまうという印象なのです。もったいない(^^;)

ひょっとすると、肥料を少なめに与えることで、この問題をクリアできるかもしれませんので、来年はチャレンジしてみたいと思います。

こうして記事を書いていると、このミニヒマワリ、柳城短大のシンボル花に出来ないかなって思えてきました。ふじ幼稚園さんとのつながりもあることだしね。

ちなみに花言葉は「崇拝」「敬慕」「愛慕」「憧れ」「高慢」「光輝」「あなたを見つめる」「貴方は素晴らしい」。

柳城短大にあえて合わせるとしたら、う~ん、「あなた(子どもたち)を見つめる」かな?(^^♪

ミラクルビームちゃん、来年も会おうね(^o^)/ (K)

折り紙の色見本が届きました✨ 2018/9/11

カテゴリー:フレーベル折り紙

株式会社トーヨーさんの「折り紙色見本」が届きました!😊✨

新作のフレーベル折り紙は「前作を上回る作品を作りたい‼」と、やはり?(笑)欲が出てきます✨

新しい折り紙作品を考える時、カラーチャートでは、ちょっぴり色味が異なり、折り紙そのものの色味が分かりづらいという悩みがありました。

そんなワガママな思いに、すぐさま色見本を取り寄せてくださったおかげで、今回、配色のイメージをあっという間につかむことが出来ました!

構図案や配色を考える際には、この「色見本」があればバッチリ!

とても小さいことかもしれませんが、びっくりするくらい創作力がワクワク湧いてきますっ😊✨

これからも癒しや憩いの心が学食に広がるよう…✨
学食ボラと園芸ボラは共に、新しい作品作りにチャレンジしていきます。(Y)

ポーちゃんの切り戻し 2018/9/7

カテゴリー:ポーチュラカ

ポーチュラカの株元が腐るという事態を受けて、カフェ棟花壇(キンダーガーデン)を切り戻しました。「可哀そう~」という学生さんの声なき叫びを背に受けながら、鬼になった気分(笑)

カマで半分くらいをバッサリ! すると、ご覧の通りの有り様になりますが、こうやることで風通しが良くなり、病気に成り難くなるというわけです。

目的が理解できている私には「可哀そう」よりも「もったいない」という意識が強くなりますね(それは年のせい?(*_*;)。

せっかく豪華に咲いていたのに、もったいな~い!。
ちなみに、この日本の美学(笑)を今時の園児さんは盆踊りで覚えるそうですよ(ー_ー)!!(K)

台風21号 2018/9/5

カテゴリー:歩み

「非常に強い」台風が本州に上陸するのは25年ぶりとのこと。
ということで、報道によって盛んに注意喚起がされていました。

それでも、亡くなられた方も出て、大きな被害となりました。
御霊の平安と迅速な復興をお祈りいたします。

東海地方も、直撃は避けられたものの、9/4の午後、暴風が吹き荒れました。
それでこの日は終日休講になり、教職員も朝から自宅待機に。


「Yahoo! JAPAN 雨雲レーダー」より

柳城短大の施設への影響はありませんでしたが、ウチの花壇では、ペチュニアに一番被害が出ました。茎が折れやすい性質がいつも災いします。

風でめくり返って、所々ポッキン折れていました。それでも全体的には、良く耐えてくれたねっ、という感じで、とっても嬉しいです(^^♪

前もって、ヒマワリには支柱を添え、プランターは建物の北側に寄せておきましたから、これらには被害は出ませんでした。

一方、ポーチュラカは全く平気な顔(笑)
台風一過の今日も、何事もなかったように咲き続けています。

ポーちゃんに向かって「こいつら、化け物~」とつぶやき、学生ボラさんに時々叱られている私です(*_*;(K)

第4回オープンキャンパス(追記)2018/9/3

カテゴリー:イベント オープンキャンパス

イベントのご紹介ばかりに気を取られ、大切な大切な写真2枚をこの記事項目に載せ忘れていました。まだまだ未熟でした(*_*;

先ずは、総務課と園芸ボラによる日々の努力の成果

そして、同じく総務課と園芸ボラ/学食ボラによる、こちらも日々の結晶

言うまでもなくオープンキャンパスは、ご来校いただく方々に柳城短大の様子を実際に見て感じていただくための企画です。

広報の強力なツールなので、どの大学さんも気合を入れておられるようですが、怖いのは「玄関を見ればその家がわかる」という手のプロの目(笑)

模擬授業やアトラクションを「動」とすれば、花壇や掲示物などの校内環境は「静」ですね。

総務課は校内美化を担当する部署なので、気持ちが自然に「静」に傾くのです。校舎自体が最新でなくても、美化に工夫を凝らせば、それはそれで学校としての特色や品格を強くアピールできるはず。

今年120周年を迎える柳城学院の魂を、黙々と大切にしていきたいです(^o^)/(K)

ヒペリカム・ヒデコートの復活✨ 2018/8/30

カテゴリー:保育者 歩み

今年巷でよく耳にした「命の危険の恐れ」

そんな猛暑への注意喚起の中、元気がなかったヒペリカム・ヒデコートが見事復活してくれました~!✨(涙)

新緑の葉がいつの間にか芽吹き、プチプチ並んで「命」が輝いて見えます

こんなうれしい思いは園芸活動ならでは…💓
自然から与えられている命のサイクルを体にもハートにも感じられます‼

しかし…今年の夏はやはり暑かった(笑)

その中でも花壇の植物たちは強く淡々と育まれていました。それらのお世話をするのは人間ですが、でも最後の最後は自然の恵みにお委せをするのですね✨

このヒぺリカム・ヒデコートの復活。
子どもたちに素話をするとしたら、どんな物語になるのかな?…✨

命を毎日感じられる園芸活動は、私自身をも育んでいきます😊✨ (Y)

ミツバチ 2018/8/29

カテゴリー:昆虫など小動物

今日初めてミツバチ君に会えたのですが、「やっと会えたね」という思いで写真に収めてみました。

下の写真なんか、ポーチュラカの花粉に溺れている感じが出てません?(笑)

相変わらず、黒い巨体のハキリバチも飛んでいるし、花壇は今後、ハチたちの楽園になるかも(*_*; 

昆虫に慣れていない学生さん!
どうか怖がらないでね。
だって、そっと近づいて撮影できるくらいに安全ですから(^_^)/ (K)


ページ
トップへ